転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

アインの命令

アインが出す、命令とは…

『こっちの大陸で、持っている領地に、大きな街を作って欲しいんだ。』

『というと、どういうことですか?それだけでしたら、そこまで金はかからないと思うのですが…』

簡単な街だったら簡単に作れる。

しかし、そんな簡単な街に住みたいという人はいないだろう。

『ああ、簡単な街だったらそこまで金はかからない。しかし、今回作ってもらいたいのは、簡単な街ではないんだ。』

『どういうことですか?』

『今回作ってもらいたい街は、そうだな…大体、他の国の王都レベルにして欲しいんだ。』

アインの国の王都ではないにしろ、王都というのは、その国が誇る一番の街だ。

そんな王都と同程度の街を大量生産するには、もちろん金がかかるのだった。

『だからあんなに大量にある金を、全部使い切ってもといったのですか…』

『ああ、それにこの計画は、一番最初にこの大陸の領土をやってもらうだけであって、その後、今まで手に入れてきた領土全てにやるつもりだからな。まぁ、時間と金と労力はかかるが…』

アインは、まずは対教会戦のために、この大陸の、自分が操れる場所をあらかじめ強化しておきたかったのだった。

(他の国は協力してくれるが、それでも、自分の国のように、自由には使えないからな。)

『アイン様、それでも、この国にいる大工の数は限られています。確かにわが国は広大な面積を持っているので、大工の数も多いですが、さすがに大陸の大国をすう国丸々変えるような数の大工はいません。』

『そうだな。確かに大工の数は多いが、それでも足りないだろう。だから、エリにはさっき言った金を使って、やってもらいたいことが後2つある。』

『な、何でしょうか…』

『まずは、建設業に、魔法士の導入を試みて欲しい。』

『と、言うと?』

『例えば、重い建材などを、物を持ち上げ、それを器用に操る魔法士に組み立ててもらえば、結構簡単に作業が進むと思ったんだ。』

『確かに、結構早く作業が進むかもしれませんね…しかし、それで、結構な人数のカバーは出来ますが、それでも足りませんよ?』

『だから、周辺諸国の大工も借りてくれ。そして出来るだけ早く終わらせて欲しいんだ。』

『分かりました。それでは、まずはその2つに挑戦してみますね?それでも何かありましたら、こちらのほうから連絡をさせてもらいます。』

『それじゃあ、よろしく。』

そして、アインは、エリとの通話を切った。

(よし、後は…)

アインは、通話が終わった後、すぐに寝た。

そして、翌日…

「何者だ!」

「あのー。外交官といえば分かりますか?」

「どこの国の外交官だ!」

門番は昨日の人と変わっていて、アインとも初対面だったので、警戒をされた。

「しかし、外交官か…それでは一端中にかけあってみるか…」

その後、門番の人が中に行き、そして、例のこの国の外交官が出てきた。

「用こそお越しくださいました。王がお待ちです。」

すでに、アインが来たことをこの国の王に連絡が行っていたようで、すぐに昨日の会議室に呼ばれた。

そして…

「アイン殿、昨日に引き続き今日もやってくるとは…何か用があったのかな?」

「ええ、本日うかがったのは、昨日の件で、各国がどのような対応をとっているのかと、加盟するときの報酬?のようなものをもう一度定めに来ました。」

「そうかそうか。それではまずは各国の対応から話させていただこう。」

そして、王は周辺諸国の対応を話し始めた。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー295269

    簡単な街だったら簡単に作れる。

    って、作者はこの世界を舐め腐りすぎですね。

    0
コメントを書く