転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

村長

そして、アインは中に入ると、いろんな人狼族に見つかった。

彼らはさっき説明したように、仲間を守るためには好戦的になるので、皆がアインに向かって飛び掛ったが、アインの近くにいるフェンリルが一回にらむと、次々に意識を失って行った。

その後、そんな事を繰り返しながらも、アインは村の中で一番大きな家にたどり着いた。

「ここか…」

そしてアインは、中に入ろうとした。

しかし、次の瞬間…

「もらった!」

中から、すばやい戦士が出てきて、アインのことを斬りつけた。

しかし、斬りつけられたアインは、霧となって消えて行ってしまった。

「何!」

その人狼族が驚いていると、霧となったアインの近くにいたフェンリルが、一発横から向かって殴った。

すると、その人狼族は勢い良く吹っ飛んで行き、そのまま結界の外まで出てしまった。

「あ、結界…」

フェンリルが心配したことは起こっていて、結界の一部が壊れたことによって、結界全体にも影響が出て、集落を隠すという効果は失われてしまった。

「アイン様。申し訳ございませんでした。」

「大丈夫だよ。それに、この村が同盟に入ってくれれば、狙ってくる敵は少ないから。」

「確かにそうですね。」

そして、アインはさっき邪魔されてしまった、一番大きな家に入るという行為を思い出した。

「何者じゃ!」

中にいる老人はいきなり大きな声でそんな事を叫んだが、すぐに隣にいる40代くらいの男性に止められていた。

「落ち着いてください先代。確かに彼らは驚異的な存在ですが、我々が今逆らったところで何も出来ませんよ。」

「そんなことわかっとる!それでも最後まで抵抗して死ぬのが人狼族としての役目じゃろう!」

どうやら老人は、殺されると思っており、だから出来るだけ最後まで抵抗をしようと考えていたのだった。

しかし、アインたちにそんな目的は無いので、さっさと話しに戻すことにした。

「さて。」

アインが行った瞬間、フェンリルが今までとは違った雰囲気を出した。

「君たちと話がしたいんだ。ちゃんと聞いてくれないか?」

人狼族にとって、アインのその言葉はとても怖く聞こえた。

なぜなら、アインのそばでフェンリルが、あえて人狼族を気絶させずに、ぎりぎりのプレッシャーを与えていたからだった。

「はい。」

40代の人狼族にはそのプレッシャーを与えていなかったので、彼は同族がいきなり震え上がった意味が分からなかった。

「貴方はこの村ではどのような役職なのかな?」

「私は、この村では村長をやらせてもらっています。しかし、あまり村長としては働いてないですけどね…」

「どうしてですか?」

「この村には代々伝わる伝統などが多くあります。ですので、それをちゃんとその日にやっているだけなのです。」

「それでも、村長がいることで安心できることも多くありますよ。まぁ、私はこんな話をしに来たのではないですが。」

「ッ!」

アインのテンションが変わると、人狼族の村長はやってしまったという顔になった。

「は、はい。分かっています。」

「いえ、あなたたちは何もわかっていない。」

「す、すみません。」

話がどうもあっていないような気がしたアインは、早速本題に入った。

「では、我々がここに来た理由を言う。」

「どうかお許しを!この村の人達を許してください。」

「いや、おそらく考えていることと違うと思うよ。」

やっぱりアインが考えていたこととは違って解釈されていたので、アインは一端、元の雰囲気に戻った。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く