転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

移動手段

そして、アインは、仲間にしやすそうな民族の集落に向かうことにした。

「会議が結構速く終わったから、まだ結構時間が有るな。皆と一緒に行かなくても、今日中に帰れるか。」

そう思ったアインは、皆に報告をする前に、自分だけで、1つの集落を仲間にしようと思った。

(ここから近くて、比較的仲間にしやすい集落は…)

そして、アインは、1つの集落に目をつけた。

(よし、ここに行くか。)

アインが向かった集落とは、人狼族がいる集落だった。

この人狼族は、とあるゲームの名前のように、野蛮で恐ろしい民族という訳ではなく、基本的に森の中にいて、食料を確保するとき以外は基本的に戦わない民族であった。

しかし、敵対するものには容赦はなく、過去に、教会がこの集落を攻めてきたときには、1人の人狼族で、10人以上の教会兵を倒すという偉業もなしていた。

しかし、数の暴力によって、教会の勢力圏から追い出されていったという、過去もあるのだった。

そしてアインが、この集落が比較的に仲間にしやすいと思った理由は…

『フェンリル。居るかい?』

『ええ、居ますけど…なんか用でしょうか?主』

『ああ、ちょっと出てきて欲しいんだ。』

アインは、自分の空間魔法の中にいる、フェンリルに話しかけ、自分で出てくるようにお願いした。

『いつものように、主が出せば良いんじゃないんですか?我々が勝手に出ようとすると、この空間魔法に異常が出るからって…』

『今回は特例ということで…』

アインが、フェンリルに自分で出てきてもらおうとしているのは、今のアインの魔力量では、フェンリルを召喚するほどの、魔力量が無かったからだ。

そして、数秒後…

「なんか久しぶりだな。」

「ええ、そうですね。結構久しい感じがします。」

アインよりも数倍大きなフェンリルが、アインの前に現れた。

「それにしても、何のようなんですか?いつもと違って、わざわざ私に自分で出てくるように命令するとは…」

「ああ、実は頼みたいことがあってな。」

そしてアインは、現状、アインが何をしていて、どんな目的を持っているのか。

それと、今から行おうとしていることについてを説明した。

「なるほど…今のアイン様は、自分で空間魔法から召喚獣を呼べないのですか…」

「そうだね。武器や道具は簡単に出せるんだけど、生き物は今の体だと厳しいかな。それに、君たちって、ランクが高いから、召喚するときに必要な魔力も多いんだよ。」

「まぁ、納得は出来ました。それでは、さっき言っていたことについてを手伝えば良いんですか?」

「そうだね。まずはさっき言った人狼族の所に向かって欲しいな。」

「分かりました。」

フェンリルはそういうと、腰を下ろした。

「…」

「どうかしましたか?」

「あの~。いまさらこんな事いうのも申し訳ないんだけど、今の僕って浮遊魔法使えないんだよね…」

「?それがどうかしたのですか?」

「届かない…」

「…」

「…」

「も、申し訳ございませんでした!」

フェンリルは一瞬固まっていたが、その後、アインが言いたいことが分かって、すぐに自分の体を小さくした。

「よいしょっと。」

そして、アインが乗り込むと、元の体の大きさに戻った。

「それじゃあ、向かってくれ。場所はさっき伝えたから大丈夫だな?」

「ええ、それじゃあ、少しだけ飛ばしますから、つかまっててくださいね?」

そして、アインと、フェンリルは、高速で集落まで向かって行ったのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • らんすろー

    いよいよ もふもふの 始まりですね。
    どんな 性格なのか 楽しみです。

    3
  • 咲

    ワンコキタ━(゚∀゚)━!

    3
コメントを書く