転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

異民族の場所

この後、アインはこの国と交渉する国がかぶらないように、この国のことを待とうか悩んだが、この大陸の小中国は結構多いので、先に動きたい気持ちもあった。

「さて、どうするか…」

アインは、皆が待っている宿に帰るまでに、次にやることをずっと考えていた。

そして、1つの案を思いついた。

(そういえば、教会から排除されたのは、小中国だけじゃないな。)

そう、アインは、他の、民族的に排除された人たちを救うことにした。

(しかし、そういう民族って、教会にばれないようにするために、隠れている民族が多いから、見つけにくいな。)

小中国は教会から、見放されているだけだが、民族に関しては、教会にとって殲滅対象だったので、味方にはしやすいが、見つけるのも難しかった。

(とりあえず、一端アマゾネスのところに行くか?)

アインは一端そう考えたが、そのためには自分の制限を解かなくてはいけなかった。

なぜなら、シオドーラもそうだったが、基本的に、アマゾネスは自分たちよりも強い人しか認めない。

そんな中、アマゾネス1人だったらぎりぎり勝てるくらいの力に自分の力を抑えているあいんにとっては、解除をしないと、民族相手は出来なかったのだった。

しかし、このタイミングで制限を解除すると、あの3人の不信感を買ってしまう可能性があり、それに、シオドーラに関しては、自分相手には全力を出していなかったのかとショックを与えてしまう可能性があったので、もっと仲良くなってから解除しようと考えていたのだった。

そして、アインは、とりあえずという感じで、小型の方の通信具を取り出した。

「エリ。今大丈夫か?」

「はい。アイン様がいないと、基本的に暇ですよ。」

「それだと、僕がトラブルの原因を作っているようじゃないか。」

「………それにしても何のようですか?」

「え?そうだったの?」

「用件を言ってください。何をすれば良いのでしょうか?」

「あ、ああ。実は探して欲しいものがあってな。」

「何でしょうか?」

「僕が今いるこの大陸にある、異民族の集落を探して欲しいんだ。」

「異民族…ですか?アイン様、そっちで何をやっているのですか?」

「ちょっと、仲間探しだよ。」

「はぁ~…どこと戦争するつもりなんですか?」

普通、仲間を探すとなると、アインの元々の目標であった普通の旅であったら、言った町の先などで仲間を見つけるところ、アインがエリに人工衛星を使ってまで調べて欲しいといってきたので、集落単位で仲間にすることが分かった。

そして、集落単位で仲間にするということは、アインが何かしらの大きな敵と戦うことも分かったのだった。

「こっちにある教会と戦うことにしたんだ。」

「また…教会ですか?」

「うん。正直、そっちの教会よりもひどいことをやっていたね。」

「…まぁ、私たちはアイン様の部下ですから、協力はしますが、今は体に制限がかかっているのですから、無茶はしないでくださいね?」

「分かっているよ。」

「アイン様、今の会話の間に、探しておきましたので、今送信します。」

エリがそういうと、アインの魔法具に1枚の画像が送られてきた。

それは、大陸の全体図と、どこに、何の民族の集落があるか書かれたものだった。

「ありがとう。それじゃあ、そっちをよろしくね。」

「ええ、戦争はせず、出来るだけ国民を増やすためにがんばります。」

そんな、言葉を残してエリは、アインとの通話を切ったのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • キャベツ太郎

    エリが有能すぎるw

    1
  • ノベルバユーザー316805

    誤字がありましたー
    (あいんになってたり)

    1
  • らんすろー

    有翼人、リザードマン、人魚、アントピープル、そして色っぽいバニーガール、夢にまで観た 獣人達との
    冒険の始まりですね。

    4
  • らんすろー

    いよいよ 亜人の 登場ですね。
    もふもふの耳、ふさふさのしっぽ、火魔法と 言えば 狐獣人

    4
コメントを書く