転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

外交開始

そして、アインが王城の前で取った行動は…

「何だ貴様!何の用があってやってきた。」

例のごとく、門番はしっかり働いていたが、そんなの、あいんにとっては関係なかった。

「ああ、私はとある国の外交官だ。まぁ、この国から離れているので、この国の外交官や、政治のトップの人しか名前は知らんだろうがな。」

アインはそんな事を言った。

「外交官だと?まぁ、そういうことなら中にいる外交官に聞いてくる。国の名前を言え。」

「分かりました。国の名前は、タート。」

アインが言った、この国の名前は実在しないものだった。

「タート?そんな国聞いたこと無いが…まぁ、良い。とりあえず中にいる外交官に聞いてこよう。おい!」

そして、その門番は、もう1人の門番を呼んだ。

「何でしょうか?」

「私は中のものに確認をしてくる。だからここで見張っておいてくれ。」

「分かりました。」

そして、最初に話しかけてきた門番は中に入って行った。

しばらくすると…

「おや?来たみたいですね。」

アインのことを見張っていた門番がそんな事を言った。

そして、次の瞬間。

「はぁはぁ。例の外交官はいますか!?」

中から出てきたのはさっきの門番とは違う人だった。

「あれ?外交官様、わざわざ出迎えに来たのですか?」

「当たり前だろ!タートの外交官だぞ!」

アインが言ったこの、タートという国名は、前の会議のときにこの新大陸で滅ぼした国のうちの1つだった。

そして、あの時はアインが簡単に国を滅ぼしていったので、忘れかけているかもしれないが、あの国々はこの大陸ではトップの国々だったのだ。

「タートは、この大陸の中でもトップ2位と言われており、しかも年によっては1位になっているんだぞ。」

「そ、そうなんですか…」

アインが最初のほうの国々には脅迫のような形になってしまうと思っていたのは、こんな風に大国の外交官が無理やり同盟に入れるような形になってしまうからだった。

「で、本日はどのようなご用件なのでしょうか?」

ようやく、向こうの外交官が用件を聞いてきたので、本題について入ることにした。

「ああ、今回は、同盟を結ぼうと思ってやってきたのだ。」

「本当ですか!良いんですか!」

「ああ、良いぞ。その代わりに守ってもらいたいことがある。それについてを説明したのだが、ここで良いのか?」

「それもそうですね。では城内へ。」

そしてアインは、城内の会議室まで連れてきてもらった。

「今回の同盟について、話し始めても良いかな?」

「ええ、お聞かせください。」

「今回の同盟の最終目標は、教会の崩壊である。」

「教会の崩壊ですか?我々辺境の国が教会に対して、不満を持つのは分かるのですが、何故、多くの支援をしてもらっているあなたの国が?」

「実はな。最近、私の国の王が変わったのだが、その王があまり境界のやっていることがすかなくてな。しかし、いくらなんでも一国で教会で相手に出来る訳ないから、こうやって不満を持っている国々に同盟の話を持ちかけているのだ。」

「そうでしたか…少々お待ちください。呼びたい人がいます。」

そして、外交官はいったん、部屋から出て行った。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く