転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

作戦のために

道中、特に何事も無く、アインたちは外郭の国にたどり着いた。

「ここが、僕たちにとって最初の交渉国となる、ゼニ―ド王国。」

アインは最初のこの国の交渉がとても大事だと思っていた。

「何で、最初の交渉国をこの国にしたの?」

「ああ、それはこの国が一番協力をしてくれそうだからだよ。」

「どうして?」

「この国は、昔、教会が今よりも力をつけていたときに、直接攻め込まれて生き残った数少ない国だからだよ。」

「え!?教会って直接国を攻めていたの?」

「今はしていないが、昔はやっていたらしい。ここに来るまでに、この大陸の歴史についてを調べたら、そうかかれていた。」

実際、この国は昔に教会に攻め込まれており、その時に多くの死傷者が出ていたのだった。

「この国以外にも、教会に攻め込まれた国は有るが、この国があの場所から一番近かったから、この国を選んだのが理由だね。」

「そうだったんだ。」

「まぁ、国を選んだ理由よりも、これから先やらなきゃいけないことについてを考えよう。」

そしてアインは、今回の交渉で難関になるかもしれないところを言い始めた。

「まずは、どうやってこの国の王様と会うか。
さすがに今回の教会を攻めるのは、言ってしまえば戦争なんだから王以外の人が勝手に決めることは出来ないだろう。
そして、2つ目はどうやって今回のこの同盟に参加してもらうか。
これについては1つ作戦はあるが、この作戦が効かなかった場合、交渉は結構厳しいものになるだろう。
そして、3つ目は、この国の立場。
この国は言ってしまえば最初の交渉国となる。
つまり、他の国に比べて少しだけ優遇をしたほうがいいんだ。
4つ目、この戦争における同盟国間の交流。
これに関しては資源や武器などをお互いに送ってもらうことにするよ。
これらが、この作戦においての難関になるかもしれないところだね。」

アインは正直、最後のだけは難関になるのかは分からなかったが、これは同盟の国の数が増えてきた時に問題になるかもしれないので、今のうちに難関になるかもしれないと警戒をしていたのだった。

「そして、これからの交渉全てに言えることなんだけど、出来れば僕1人で交渉をさせてもらいたい。」

「何で!?それじゃあ、アイン君の危険が高まっちゃうじゃん。」

「危険が高い。だからこそだよ。こういう、危険なことは基本的に発案者がやったほうが良い。それに、アニータに関しては、唯一の回復役。彼女が攻められることが一番危険なんだ。だから僕1人だけで交渉をするよ。」

アインは今、自分が君たち3人を危険にさらすことが出来ない。といっているが、本当の目的は他にあった。

「………分かった。」

「私も。」

シオドーラ以外の2人はしぶしぶ従ってくれた。

「シオドーラは?」

「私は交渉の場にいても何も出来ないから、元々抜けるつもりだったぜ。」

「分かった。それじゃあ、僕1人で交渉に言ってくる。」

アインたちはすでに国内に入っていたので、アイン1人が王城に向かって行った。

(ふ~。ここからが本番だ。正直、この国と、これから行く最初のほうの数国には脅しのような形になってしまうが、この同盟は完成させよう。)

アインが本当に1人で行くのは、他の3人には見せられなく、なおかつ、気づかれてもいけない作戦を使おうといしていたからなのであった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く