転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

教会がやっていること

シオドーラを捕まえたアインは、いったん宿に帰って、ヘレンがおきるのを待った。

「あ、あれ…ここはどこ?」

「おお、ヘレン。起きたか。」

「あれアイン君?…あ!あのオーガはどうなったの!」

「ああ、あのオーガなら、僕が駆けつけて倒しておいたよ。」

「そうだったんだ…良かった。街に被害は無かったんだ。」

いくら、自分がやられたときの記憶が、ショックによって、失われているからといって、襲われたことは覚えているのに、街の安全から安心する事に関しては、ヘレンの聖人さがかもし出されていた。

「で、そちらの方は?」

気を失っていたヘレンにとっては、アニータは初対面なので、ちゃんと説明をした。

「ああ、彼女はアニータって言うんだ。教会でお金を払って、今は借りている状態。」

「あれ?これ以上増員するの?」

「ああ、今回のことで、このパーティには、回復をしてくれる人がいないなと思って。」

アインがそういうと、横からアニータが出来ることを追加してきた。

「多少の支援魔法も出来るから、頼りにしてね。」

「まぁ、とにかく、後方支援型だね。まぁ、攻撃魔法も出来ると思うけど。」

「ええ、出来るけど、支援魔法のほうが得意だわ。」

「とにかく、これで、戦力増強の理由は分かった?」

「分かったよ。」

そして、アインは、これから何を目的として旅をするかについてを語り始めた。

「シオドーラは僕の奴隷だからいいんだけど、ヘレンには一個確認しなきゃいけないことがあるんだ。」

「何?」

「これからの目標だよ。一応、僕とアニータで1つの目標が出来たんだけど…」

「内容は?」

「教会は知っているよね?」

「うん。でも、私はあまり利用したことが無いかな~。高いし。」

「それでも利用はしたことあるんだ。」

「うん。てか、この大陸の人たちは、一回は利用していると思うよ。」

「ああ、加護か…」

アインは、自分が人生で最初に利用したのは、どの神から加護をもらっているのかを確認するときだったので、そのことだと思っていた。

「加護を確認?」

「ああ、教会では、どの神が加護をくれるのかを確認するんじゃないのか?」

「そんなことはしないよ?それに、神なんて唯一神しかいないんじゃないの?」

「…」

アインとしては、どの神がいて、どの神がいないか分かっていたのだったが、唯一神なんかいないのは知っていた。

(おそらく、教会のほうで、神は一体しかいないということにしてあるのだろう。)

そのほうが、人々を動かしやすいからだ。

もしも、教会がとある神がどのように動けと言ってきたと、市民に説明しよう。

しかし、市民たちが他の紙はどういっているのだと聞かれれば、それぞれの神が言ってきたとされる言葉を用意しなくてはいけないので、神は一体だけのほうが楽だったのだ。

「そうなんだ。それじゃあ、どうして教会に行くの?」

「それはね、教会に行くと、ステータスが見れるんだよ。簡易的な鑑定なら、安いんだけど、スキルまで見える鑑定は高いから、大体、人生で一回だけ子供の頃に見に行って、持っているものを強化するんだ。」

鑑定なんか、今のアインですら一瞬で使えるくらい簡単に習得できるスキルだった。

それなのに、この大陸の人たちが鑑定をわざわざ高い値段を払ってまで受けるということは、鑑定に関する考え方まで教会に変えられてしまっていることが分かった。

(そこまでして、金が欲しいのか?有りすぎても使い道が無いのに。)

実際、アインは多額の金を持っているが、ほとんどを使えていない。

有るには越したこと無いが、それでも無駄になってしまうことをよく理解しているのだった。

「今の話で、より一層決意は固まった。」

横を見ると、アニータもうなずいていた。

「それじゃあ、今から、僕とアニータの目標を言う。」

これは、ヘレンとの別れになるかもしれない重要なことなので、アインも緊張して話し始めるのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー295269

    一応、人の生死も関わってるのに主人公はなんで遊び感覚でやってるの?
    本気出せばすぐ終わるのに。

    2
コメントを書く