転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

新大陸での目標

「同盟って…どういうこと?」

アインがいきなり同盟と言い始めたので、彼女も困ってしまった。

「その前に、僕のことは信頼してくれる?」

「まぁ。仮にも教会を潰してくれるって言ってくれたし…」

「そうか…だったら、名前を教えてくれないかな?いつまでも名前を知らないのは、不便だしね。」

アインがそういうと、快く名前を言ってくれた。

「私の名前はアニータ。これからの目標は教会を倒すことね。」

「アニータね。覚えた。で、さっきの話に戻るんだけどいいかな?」

「ええ、その話が気になるわ。同盟ってどういうこと?」

「この大陸にも、教会に対して、不満を持っている人たちは多いと思うの。」

「ええ、結構多いわ。でも、それは国の中心部から離れた小さな街や村の人たちだけよ。教会は基本的に大きな国や街にしか支援しないから、小さな国や、街、村からは反感を買っているのよ。」

「そうだったんだ。それじゃあ、創造以上にうまくいくかも…」

「だから、何が?」

「同盟だよ。彼らと同盟を組むのさ。」

アインの作戦はこうだった。

教会は、一部の人間を優遇するせいで、結構不満を持っている人はいるんじゃないかと考えたアインは、その人たちと協力をして、教会を倒そうということだった。

「待って、その作戦は出来ないんじゃないかしら。」

そんな提案をすると、アニータのほうから、拒否の声が聞こえてきた。

「何で?」

「まず、この大陸では結構上位国と、下位国の力の差が大きいわ。それに、中くらいの国はどっちにつくかも分からないし。」

「でも、小国のほうが多いでしょ?」

「確かにそうだけど、それでも結構厳しい戦いになると思うわよ。」

「それに関しては、僕のほうからその小国を強化する算段があるから安心して?」

「そうなんだ…でも、わたしが言う、もう一個のほうが難しいわよ。」

「他に何の問題が?」

「そもそもだけど、アイン様はどうやって、小国を味方にするつもりなの?」

「それは…その国に対して行われた教会による悪事をもう一回再確認させて、教会に対する、攻撃意識を取り戻してもらうんだ。」

「そうなんだ…でも、それは出来ない国もあるよ。だって、いくら小国のほとんどの国が教会に対して、嫌悪感を持っていたとしても、実際に何もされていない国だって有るんだから。」

そう、教会は自ら悪いことをすることも有るが、基本的には小国に対しては無干渉。

貿易を行わなく、そして、救援要請が来たとしても、それをも無視するくらい、小国のことなど眼中に無い姿勢をとっていたのだった。

「そうだったんだ…それじゃあ、さっき言っていた、小国を強化する方法と引き換えに、その人たちを同盟に入れるよ。」

「そんなに簡単にいくのかな?」

「そうだね…それに、もしも不可能そうだったら、出来るだけ使いたくは無かったけど、僕の母国の力を借りることにするよ。」

「アイン君の願いで、一国が動いてくれるの?」

「まぁ、さっき案だけ金を使っていたんだし、察しているかもしれないけど、これでも、母国では決行くらいが高いほうなんだ。だから、母国に頼ってみるよ。」

アインが言っている母国というのは、あの、バルバロット帝国ではなく、この大陸に上陸していた部下が、国の上層部に入って、いつの間にか部下が王になっていた国にである。

アインの部下は、アインの『出来るだけいろんな国の、上層部にたて。』という命令に従って、出来るだけ王を目指していたのだった。

「それじゃあ、アイン君に協力すれば、協会を潰してくれるの?」

「そうだよ。それに、僕も教会のやり方は嫌いだしね。それじゃあ、いったん帰ろうか。僕の仲間は後2人いる。とりあえず、挨拶をしなきゃ。」

そして、完全に回復はしていたが、いまだに寝ているヘレンを抱えて、外で魔物退治に夢中になっている、シオド―ラを迎えにいったのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ヒナキ

    想像以上では?

    2
  • ノベルバユーザー211120

    あぁぁぁぁぁ!キャラ達の性格が見えないぃぃぃぃい!

    貴様らの感情はいつまで家出させてんだょぉぉおぉおぉぉお!?

    1
  • 咲

    エリアハイヒールして
    けが人治して
    協会爆破、操ってた人拷問
    複数いれば繰り返し
    以上解決

    3
コメントを書く