転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

教会の力

森から、街までは意外と近く、アインが全力で走ったおかげで、2分くらいで着いた。

(あとは、教会まで…)

しかし、今の時間帯はお昼。

街の通路は、人ごみによって、急いで進めそうにもなかった。

(家の人には迷惑をかけるけど、これは屋根を使っていくしかない。)

そしてアインは、ちかくにあった、良い感じの足場を使って、人の家の屋根の上に立った。

その後も、アインは、人の家の屋根を伝っていって、街の大きさもそこまで大きくはなかったので、すぐに教会についた。

(よし!これだったら間に合うだろう。)

そしてアインは、教会の中にいる神父に頼み込んだ。

「すみません。人を直してもらえませんでしょうか?」

「人を治すだって?別にいいが高いよ。なんたって、回復魔法は教会の人間にしか使えないからね。」

そう、ここでは、まだ教会が回復魔法を独占しているせいで、回復魔法は高い料金のままだった。

しかし…

「それでもいいので、何とか彼女を治してください。」

すると、神父は教会の奥のほうに入っていって、ある人を呼んできた。

「我々はちゃんと金を払うものの味方だ。どれ、けが人を見せてみろ。」

アインはそういわれたので、ヘレンを神父と、神父が呼んできた人に見せた。

「ん?どこにもけがなんて、ないじゃないか。」

「いえ、彼女は内臓のほうをけがしてまして…表面上のけがはポーションでどうにかなったのですが…」

すると、神父に呼ばれた人はヘレンに向かって、

『パーフェクトヒール』

そういうと、ヘレンの体を白くて淡い光が包み込んで、その後、ヘレンの表情も安らかなものになった。

「おいおい、大丈夫なのかよ?パーフェクトヒールはアンタでも結構負担になるんじゃないのか?」

「ああ…結構な負担だ。正直今からでも休みたいくらいな。しかし、彼女の傷はそれぐらいしないと治せないからな。」

そして、神父に呼ばれた人は、会計のほうは任せたぞ。と言いながら、教会の奥に戻っていった。

「まぁ、彼女のことならもう安心していい。しかし。君のほうは大丈夫かな?」

神父が、無駄に意味ありげな言い方でそんなことを言ってきた。

「何がでしょうか?」

「料金だよ。彼はパーフェクトヒールを使ってまで治してくれた。本来は、パーフェクトヒールが必要な人は、治さないんだがな。まぁ、それも利用者のためだったりする。なぜなら…」

そして、神父は今回の会計を言い渡した。

「ざっと、1金貨だったが、パーフェクトヒールって事で、1白金貨だ!」

一回の治療が、一回の治療が、日本円にして、10億円という、おかしな料金設定だったが、それでも、アインにとっては、新しく出来た冒険仲間を治してもらえたことに感謝をしていたので…

「分かりました。1白金貨ですね?はい。」

そういいながら、アインはさも当然そうに1白金貨を神父に渡した。

「………え?」

神父もこの場でもらえると思っていなくて、一瞬間抜けな声を出した。

そして、アインが帰ろうとすると、

「あ!今後ともご利用お願いします!」

といったのだった。




そして、アインはその場で足を止めた。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー307067

    読み専▶今は力を制限する魔法をかけてるって書いてあったのになぁ
    ちゃんと読んでからコメントしような

    1
  • 咲

    協会潰せばいいのに

    3
コメントを書く