転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

パワープレイが出来ない

押し倒されたときに、何とか力を入れて、体向きを入れ替えると、そこにはさっき買ったばかりのシオドーラがいた。

「え?何これ?え?」

アインが、いきなりのことで驚いていると、いきなりシオドーラは手を上げた。

(何をするつもりなんだ?)

すると、シオドーラの爪が急激に伸び、しかもどんどん鋭利になって行った。

「待て!」

「待つ訳がない!我々アマゾネスは誰にも屈しない!あんたを殺せばこの忌まわしき魔法は解除される!」

アマゾネスは戦闘民族、本来は負けは死であり、相手に奴隷として使われるなど、誇りが許さなかったのだった。

(まずいな。彼女がどれくらい強いのかは分からないが、一回制限をかけたら、すぐには解除できないぞ…)

アインのこの制限は、アインの意思によって解除は出来るが、解除しようと決めてから、20分くらいかかってしまうのだった。

『止ま』

アインは、すぐに奴隷を従わせている魔法の力を使って、シオドーラをとめようとしたが、その前に口に手を置かれてしまった。

「狙うは心臓。一撃でその小さな体を貫いてやる!」

そして、高速でアインの心臓めがけて彼女の手が迫ってきた。

(これはAランク冒険者レベルか?とにかく間に合う!)

アインは押さえつけられていない手で、胸に爪が当たる寸前でシオドーラの腕をつかんだ。

(いまだ!)

アインはその勢いのまま、地面に魔法を打って、その衝撃で、何とかシオドーラの拘束から抜け出した。

「クソ!今のでしとめきれなかったか…」

『止まれ』

アインはシオドーラと一定の距離をとると、今度こそ停止の命令をした。

『攻撃を禁ず』

『動いても良い』

そして、攻撃を禁じた後に、動く許可を出した。

すると、シオドーラはまたチャンスがやってきたと思い、アインに向かってまた爪を出して攻撃をしようとした。

しかし…

「爪が…でない…」

「攻撃を禁止したんだ…これで君は一定期間僕には攻撃が出来ない。」

その言葉を聞いたシオドーラは、攻撃手段を禁じられたと勘違いをして、素手で攻撃を開始しようとした。

だが、もちろん素手による攻撃も禁止されていた。

「な、何だこれは…あと少しでこいつの首を折れるのに…」

シオドーラの手は、アインの首に触る寸前で完全に止まってしまった。

「君は僕の奴隷だ。僕の命令を聞いてはくれないか?」

「聞くわけが無いだろ!お前みたいな戦いとは無縁そうな子供に!」

「じゃあ、どうやったら言うことを聞いてくれるんだ!」

「何をしようが、お前みたいな子供には従わん!」

アインは、このままでは、話が平行線になってしまうと思ったので、アマゾネスが一番納得しそうな解決法を提案してみることにした。

「それじゃあ…君の制限を今からはずす、そして、僕に勝ったらどっかに行っても良い。しかし、僕が勝ったら言うことだけは聞いてもらう。」

「それなら良い。俺が勝つからな!」

「それじゃあ…『なし』」

そして、シオドーラにかかっていた制限が解けた。

それと同時にいきなり突っ込んできた。

(やっぱり!)

アインもこれは読んでいた。自分の今後を賭けた戦いで、一々始まりを待っている訳はなかったのだ。

(今の僕の能力は、どの面でも僕のほうが強い。だが、いつもパワープレイばっかしている僕には技術が少ない。全力で行く。)

アインは今までのような、圧倒的なパワーで相手の技術を潰すことが出来なくなっていたので、久しぶりに技術に頼った戦いをすることにしたのだった。

「量産聖剣、ライン……10の線を描け!十線道」

アインが聖剣を取り出し、自分を中心に十等分になるように、剣を振った。

すると、飛んでいった残撃が白い道を地面につくり、その後、残撃の先と先がくっつき始めて、1つの輪になった。

「おい!なめてんのか!こんなもん当たる訳無いだろ!」

しかし、アインは、何も気にせず、その白い道の上に乗った。

「高くそびえろ!そして、我を高速移動させよ。」

アインが、白い道に向かってそういうと、白い道からいきなり壁が出てきた。

そして、なぜかアインは、その壁の中に埋まるような形のまま、動けていた。

「は?何がどうなっているんだ?」

「これは、僕だけが通れる壁、そして、僕はこの壁の中を高速移動できる…ごめんね。こんな卑怯な技だけど、僕にとってはこの力で戦うのは始めてなんだ。許してね。」

こうして、シオドーラが壁に囲まれ、アインが壁の中を動き回るという奇妙な空間が出来上がった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • パラミナス国王陛下

    作者さんへ
    コメント返信、ありがとうございます!
    納得しました。
    これからも頑張って下さい。

    3
  • らんすろー

    実は 2月になって ガラケーから スマホに 変えた 初心者です。
    今までは 本屋で ラノベを買って読んでいました。まだ 他の作品は見ていません。最初に見たのがこの作品で幸運だと 思っています。
    何より毎日投稿するのが 凄いところです。
    アマゾネス編 期待しています。

    3
コメントを書く