転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

3度目の発行と、再びの奴隷商

その後、2人は近くにあった街へ行き、冒険者ギルドに向かった。

「「ごめんくださ~い。」」

2人が入ると、相変わらず、あれがあった。

「あれ?あいんさ…」

1人の冒険者がアイン様と言いそうになったところで他の冒険者に頭を殴られていた。

「お前!前の連絡覚えてないのか!」

「あ!そうだった。」

そして、2人は何かを納得したように、その場から離れていった。

(これはエリが裏で手を回しておいてくれたのか?)

実際そうだし、アインにとっても、何も迷惑ではなかったので、アインはエリに連絡を取るのをやめた。

「今の人たちどうしたんだろう。」

「さぁ?まぁ良いじゃん。それより僕は冒険者登録がしたいな。」

「あれ?アイン君って、冒険者じゃなかったの?」

「うん。何かおかしかったかな?」

「いや、あれだけ強いからもう、冒険者だと思っていたよ。」

「そんなこと無いよ。もう、気がついているかもしれないけど、僕の家って結構裕福な家だったんだ。だから、昔から英才教育は受けていたんだけど、実際に冒険者になるのは禁止されていたんだ。」

「そうだったんだ…まぁ、アイン君は強いからすぐにランクが上がるかもね。」

「そうなると良いね。」

アインにとって、今回の冒険者登録は3回目だったので、妙にやりなれていて、受付嬢に疑われたが、さっきの2人が受付嬢と少し話をすると、3枚目の冒険者カードを渡された。

(うん。ちゃんとFランク。)

アインは、自分の兵が受付嬢に何かを言っていたので、もしかすると、ランクを上げて登録しろと脅迫していたのでは?と、不安になっていたのだった。

「よし、これで僕もこれからは冒険者の仲間入りだ!」

「うん。私と同じだね。」

「そうだね。それじゃあ、さっき倒したオークを見せて、依頼を達成してきなよ。」

「うん。」

そう言いながら、ヘレナは受付に向かって行った。

(よし、今のうちに。)

アインは、ヘレナが完全に依頼達成の話を受付嬢に言うのに、全力になっているのを確認すると、空間魔法内から、いくつかの装備と、多額の金を出した。

(よし、金は集まったし、装備も集まった。後は、少し奴隷を買えばいいだろう。)

アインにとって、奴隷とは進化するものだと思っている。

実際にアインの城において、力の強さで言ったら、城内の中のトップ10の中にアインが直接買った奴隷が全員いるからだった。

(まぁ、向こうの奴隷ほど強化は出来ないが…)

こんなことを考えていると、ヘレンが帰ってきた。

「アイン君。無事に依頼達成できたよ。」

「良かったな。それじゃあ、次はどこ行こうか?」

「う~ん。私はどこでもいいよ。」

「本当?実は僕、奴隷が欲しいんだ。」

そういうと、ヘレンは一瞬、アインとの距離をとった。

「ど、どうして…」

「あれ?なんか勘違いしている?旅をするならできるだけ人数は多いほうが良いし、それに、奴隷だったら、絶対に裏切らないからね。」

アインが、こうやって説明をすると、もう一回近づいてくれた。

「そういうことだったのね。勝手な先入観なんだけど、貴族が奴隷を買うって言うと、あまり良い印象が抱けないんだ。」

「まぁ、確かにそういう貴族は多いしね。あと、僕の家の場合は裕福なだけであって、別に貴族の一家じゃないからね?」

「あれ?そうだったの?」

「そうだよ。まぁ、それでも一般人よりは圧倒的にお金を持っているからそのお金で買うよ。」

「やっぱりすごいんだね?アイン君の家って。」

「まぁ、一般人と比べれば良いほうにすんでいるとは思っているよ。別にそれで傲慢になったりはしないけど。」

「確かにアイン君からは、あまり傲慢って言う雰囲気が出てないね。」

「まぁ、とにかく奴隷は買うことにしてあるから、許可をもらいたかったんだ。それで、奴隷もメンバーの中に入れて良い?」

「良いよ。でも、信用の出来る奴隷をつれて来てね。」

「了解。それじゃあ、今日はいったんお開きにしようか。今日中に奴隷を買っておくから、明日になったら挨拶して?」

「良いわよ。私は奴隷を馬鹿にするような人種ではないから。」

「そういってもらえると助かるよ。それじゃあ、また明日。」

「うん。また明日。」

こうして、2人は分かれていった。

アインはこの足のまま、奴隷商に行くことにした。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ゼクト

    ノベルバユーザー211120へ
    うまく出来るかわかりませんけど、がんばっていきます。

    らんすろーへ
    うっ!痛いところを…
    まぁ、がんばります。

    パラミナス国王陛下へ
    多重人格ではないけど、3つの性格ですね。
    普通の人当たりの良いアイン
    敵対するものに対する、残虐なアイン
    現代日本の感覚が抜けないアイン
    この3つがアインの性格ですね

    1
  • らんすろー

    誤字については 毎日投稿するという 快挙の方が大事です。直さなくて いいです。(スピード重視で時間をかけない) また、あったほうが 面白くて笑える。今度は どんな誤字があるか 楽しみになっています。

    3
  • らんすろー

    ゼクト君のばあいは 女性体験(セックスでなく 話やデート 作業)がたぶん少ないと思うので、ハーレムに関しては今の路線(質より量)で 良いと思います。
    今まで生きてきた中での 友達にしてもらった ちょっとした 楽しかった思い出など思い出して 作品に反映すればいいじゃないかな。
    この作品は初々しい作者の気持ちが叩きつけられた 素晴らしい処女作として楽しんでいます。

    3
  • ノベルバユーザー211120

    先に行っておきます。この作品は僕とWeb小説を引き合わせてくれた親友のような作品なので 言っているんです。

    女の子に個性が無さすぎる気がします。

    今回の子だってアインの嫁だって紹介されたら信じちゃうくらい、キャラ被りしてる気がします。

    もっと個性の強い ツンデレとかヤンデレとか活発系とかドジっ子とかもっと個性が欲しいです。


    アインの性格もよく分からないですしおすし

    最近はアインの周りの女の子がイエスマン過ぎます!
    例えば



    アイン「ねぇ 君 僕さ世界征服したいんだけど どう思う?」

    君(女の子)「アイン様が良いならいいのではないのですか?」

    とまぁこんな風に?なっていて?正直面白くないと言うのが本音です!

    え?それの何が悪いねん!言ってみろや!おい! だって?もぉしょーがないなー┏( .-. ┏ ) ┓


    悪い点

    :女の子の口調が敬語を通り越して まるでロボットみたいな所
    こういう時は
    「アイン様はそれで宜しいのですか?世界征服何かがアイン様の目的なのですか?」
    位に会話を広げましょう!
    (こういう小さな所の工夫1つで案外作品の印象が変わるもんです。
    延々と辞典を全ページ読破するのは苦痛でしょう?
    それと一緒で、笑い所の無い ただ黙々と物事を解決していく冒険譚を見ても面白くないでしょ?)


    この作品の悪い点


    :敵役が毎回おバカすぎる。
    (敵役が多少おバカなのは仕方ないですが毎回毎回おバカすぎます。

    敵役には敵役にも戦わなければならない理由 信念があってもいいのでは?
    いいえ!有るべきです!

    孫が人に殺されたから人間を殺すとか やってることはダメだけど コイツにもこう言う理由が有るんだな。って納得出来てないと敵にも味方にも感情移入出来ないです。

    感情移入出来ない作品はワクワクドキドキの冒険譚ではなく ただの作業譚です!)

    :キャラへの親しみやすさが無い。

    (感情移入出来る=キャラへの親しみやすさがある。 と受け取ってください

    感情移入が出来ないと見ていてつまらないんですね。(2回目)
    だから 他の作品では 工夫されてるんですね。例えば
    オーバーロードでは表面は冷酷非道の厳つい骸骨ですが 内心を気弱な風にする事により 親しみやすさが生まれるんですね。)

    おっとすみません。つい熱が入って長々と喋ってしまいました。
    まだまだ言いたい事は有りますが これ以上言うと長すぎて読んでくれなさそうなのでこの辺で辞めときます。

    長文失礼しました。

    10
  • パラミナス国王陛下

    アインの人物像が、想像できない。
    アインって、どんな人と作者さんは、設定しているのですか?

    7
コメントをもっと見る / 書く