転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

まさかの発言

あの後、アインは世界の最強レベルの敵を倒しておかげで、誰もまったく攻めてこなくなった。

「これは…何もすることが無い…」

アインは今、やることが無くって、やることを探していた。

「あれ?アイン君。なんかいつもと違うね。」

そんな事を考えていると、リリスがやってきた。

「ん?何が?」

「なんて言うか、いつもこの時間居ないじゃん。」

そう、今は朝の8時。いつも通りなら、アインはすでに朝食を食べ終わっていて、他の作戦や、書類の片付けなどを行っている時間だった。

「確かに…ごめんね。」

「まぁ、仕事が忙しいことは知っているから、何も責めないけど…」

そして、話をしている間に、シルクとセシリアもやってきた。

「あれ?アイン君がこの時間に要るって珍しいね。」

「確かにそうね。」

「最近、一番大きなことが終わったおかげで、特に忙しくなくなったんだ。」

「そうだったんだ。」

「だったらさ。アイン君には1つお願いがあります。」

ここで、セシリアがいきなりそんな事を言いだした。

「え?もう実行に移すの?」

「早くない?」

他2人はそういっていたが、アインにとっては何の話かまったくわかっていなかった。

「え?何の話?」

「アイン君にはお願いがあるのです。聞いてもらえますか?」

「まぁ、大抵のお願いだったら聞くけど…」

アインはどんなお願いがクルのか分からなかったので、一応そう返事をしておいた。

「では……アイン君には旅をしてもらいます。」

「旅?なんか取ってきてもらいたいものでもあるの?だったら今から取ってくるけど…」

「いいえ、今回のたびの趣旨は違います。」

そして、セシリアは普通ありえないことを言った。

「アイン君には旅をしてもらって、その中で最低でも…4…5人は女子を捕まえてきてください。」

そう、普通はありえないライバルを増やしても言い発言だった。

「…え?そんな事したら、3人にとってはライバルが増えるだけじゃないの?」

「いいえ。ライバルは増えません。なぜなら、アイン様のことを奪い合わないからです。」

そこに、エリまでやってきた。

「説明して。エリ。」

「はい。先日、アイン様のいないところで、お嬢様方に相談を受け、とある決定をしました。それは、アイン様の周りに大量の女子、つまりハーレムを作るか作らないかという議題の基、作るという決定をしました。」

「え?何でそんなことが話し合われているの?それに、何で3人も許可しちゃったの?」

「それは、アインだったら大丈夫だと思ったからよ。」

リリスが、大きな声でそんな事を言った。

「アインのことだから、きっと、人数が多くなっても、誰かのことを放置したりしないでしょ?だから私たちも安心して、探して来てってことになったのよ。」

これは、信頼によって、作られた決定だった。

なので、アインも否定がしづらくなってしまった。

「でも、見捨てはしないけど、君たちにかまう時間が少なくなってしまうのは、事実なんだよ?」

「大丈夫よ。大人になってから、まだまだ時間はある。それに、アイン君って私たちに何かしてるでしょ?」

アインは、現在、3人に対して健康でいられるようにする魔法をかけていた。

アインも知らないが、この魔法には長寿の効果も入っていて、成長期にこの魔法をかけられ続けている3人は、すでに他の人たちに対して圧倒的に長生きする未来が待っていた。

「なんか、そのなんかによって、私たちの時間が確保されるような気がするんだ。だから、安心して行ってきて。」

この後も、いろいろ3人のためにやめないか?という話をしていたが、だんだんと理由も潰されていって、行かなくてはいけなかった。

「そ、それじゃあ、女の子を捕まえたときには、一回連絡を入れるから、判定してね?」

「分かったわ。それじゃあ、今日は一緒に、過ごしましょ。」

こうして、今日は朝から寝るまでずっと、3人と一緒に話したりしながら、寝た。

今までとは違う試練に挑むために…

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ミラル ムカデ

    そう来たか…!
    さすがですw

    4
  • カナック

    まさかの女性陣からのハーレム

    4
コメントを書く