転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

支配国の使い道

あの後、アインが降伏する訳も無く、戦争は始まった。

「行け!攻め込め!」

連合側は海から上陸をしていき、どんどんと、城壁まで進んでいった。

「ここは絶対通すな!それと深追いもしなくて良い!」

アイン国の分国はこの城壁の中に連合国兵を入れなければ良いと、アインからの命令が来ていた。

なので、城壁から魔法を打ったり、兵で返り討ちにしているが、交代を繰り返して、深追いはしていなかった。

「なかなか守りが堅いな…何故だ?こんなに戦力を持っていなかったはずなんだが…」

これは、連合国のせいだった。

連合は、まだ出来たばかりで指導者がいないと、仲間割れを起こす可能性があったので、あまり広い範囲から攻めることが出来なくなっていたのだった。

よって、分国はその1点に兵を集中して守っているので、なかなか分国兵を倒すことが出来なかったのだった。

「クソ。それじゃあ、同じ国同士の人間で組んである隊が他の場所に行っているはずだ!そちらはどうなった。」

「分かりませんが、定期的に魔道具で安否を確認できるようにしていたのですが、その反応はなくなってしまいました。」

「何故!?この国はこんなにもこの1点に戦力をそいでいるのに!」

そう、この1点が攻めやすいからって、全ての兵がここから攻め込んでくる訳でない。

では、いったい誰が他のところを守っているのか…

「皆大丈夫か!何だこいつ。1人で100人以上いるわが隊を相手にするなんて…」

「君たちは帰さないし教えてあげるよ。君たちが必死に攻めているここは、分国。実は本国は別のところにあるんだ。で、私は本国の13番隊の1員。まぁ、13番目に強い隊の1員って事だよ。」

「嘘だ!13番目に強い隊の1員がこんなに強いなら1番隊は…」

「さぁ、おしゃべりはここまでだ!こちらから行かせてもらうよ。」

そして、隊員は倒した兵の剣を持ち、大きく横に持った。

「何をしているんだ?貴様と我々の間には結構な距離が…」

そう、隊員と兵たちの間にはまだ100m以上の距離がある。

しかし、隊員はその構えをやめることは無かった。

そして、剣ですごく重いものを押すように、ゆっくりと横一文字を描いた。

「だから何をやって…」

次の瞬間、兵たちには寒気が走った。

「いったい何をし………」

そして、それは発動した。

一瞬にして100人の首に横一文字が浮かび上がり、その横一文字から上が一瞬にして無くなってしまった。

「ふ~。これは疲れるけど、一番楽だな。さて、後はここで来るかを待つか。」

こんな風に本国の兵が他の場所を守っているので、ある意味、さっきの分国の兵たちが守っていた場所よりも、攻城難易度が高くなっていたのだった。

そして…

「よく集まってくれた。まぁ、君たちはもう、僕の国の支配下の兵になったんだから、僕の兵なんだけど。
それよりも、国が支配されていて困ることはあるかい?無いだろ?だって、前よりもインフラが整備されているんだから…」

アインは、3番目の大陸にて、支配下に置いた国々の兵を一箇所に集めて、まずは国が支配下におかれてどうだったかを聞いていた。

正直、支配という言葉は嫌だが、ここの国の人たちは、王がアインになってからのほうが不自由なく過ごせていたので、アインには感謝をしていた。

「まぁ、そんな君たちに今日はお願い事があってきたんだ。まぁ、行ってもらうんだけど、とある連合と戦争になった。そして、その国々は今、僕の分国を攻めている。しかも、朝実際に来てから宣戦布告をして、攻めてきたから、実質的な不意打ちだ。そこで、我々も反抗しようじゃないか。しかし、分国の兵は時刻を守るので必死。だから、君たちには手薄になっている。敵の母国を狙って欲しいんだ。」

そう、アインは裏から敵の母国を滅ぼす作戦をしていたのだった。

「それじゃあ、具体的な話に入ろうか。」

こうして、支配国軍による、反撃作戦が行われるのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー113073

    お疲れ様(* ̄∇ ̄)ノです

    2
  • ちとせ@誤字報告遅くて|ω・`)スミマセン

    支配国の使い道の最後の方の
    「まぁ、そんな君たちに今日はお願い事があって〜。しかし、分国の兵は時刻を守るので必死。だから〜欲しいんだ。」 の
    「分国の兵は時刻を守る」は「分国の兵は自国を守る」ではないでしょうか?
    遅くてすみません…(o_ _)o

    1
  • ゼクト

    ガンバッテクレルサー

    3
  • レッD

    少しでも夢を
    見てたほうが
    楽しいかもねー

    3
  • 黒瀬白斗

    ソウダネーカテルカモネーwww

    3
コメントをもっと見る / 書く