転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

貴族制度

そして、アインは帰ってきてから、会議の準備を行っていた。

「今日は、初対面の人ばっかりだから、嫌われないようにしなくちゃ。」

「大丈夫ですよアイン様。彼らがあなたに逆らうことなどありえません。」

「だからこそだよ。恐怖によるものじゃなくて、話し合いの結果で決まったほうがいいじゃん。」

そう、今回アインが行う会議はほとんど初対面同士が会うのだった。

「それで、今回の会議は何人くらい参加するの?」

「本当はもっと絞りたかったのですが、アイン様が全員参加とおっしゃったので、約100人くらいいます。」

「やっぱり、そのくらいの人数になっちゃうよね。」

今回、会議を行う際に、100人来るということで、今まであった会議室では100人入らなかったので、アインの空間魔法によって、会議室を無理やり大きくしていた。

「まぁ、僕としても、そのぐらいは覚悟していたからいいよ。で、その人たちは今、どこで何をしているの?」

「彼らにはあらかじめ、魔法具を渡してありますので、後30分ほどで一斉のこの部屋に来ると思います。」

「分かった。それじゃあ、後30分はここで待っていよう。」

そして、アインは会議室の中で30分待った。今回のメンバーを待つために…

そして、30分が経った瞬間、部屋にあった椅子にどんどんと人が現れて、すぐに席が埋まった。

「…よし、全員来たね?それじゃあ今から、大まかにだが君たちの仕事についての会議を始める。」

アインがそういうと、そこに来た人たちは一斉にアインに対し、礼をした。

「今年から、本格的に貴族制度を取り入れる。今までも貴族を作る話は上がっていて、貴族を作ろうとしたが結局全然作ってなかったので、今回の全世界1位を記念に、今年から本格的な貴族制度を始める。君たちは貴族の一代目だ。」

そう、今日この会議に参加している人たちは全員、これから貴族になり、アインのために働いていく人たちだった。

「君たちには貴族になるに当たって、命令がいくつかあるので、今日はそれの確認のために呼んだのと、正式に貴族とするために呼んだんだ。」

「爵位はどうするのですか?」

爵位…それは貴族としての位を表す値であって、当人たちにとってはとっても大事なものだった。

「今回は、僕の国を分けて、君たちに領地としてあげるのだが、分けた際にどの領地も同じくらいの力を持つようにした。なので、次回の会議のときに成果が良かった順に爵位を決めて行きたいと思っている。ちなみに、無理やり成果を作ったり、不正をしていた場合は即爵位を剥奪するので注意をしてください。」

そして、アインはそれ以外の貴族として国に対して誓わなくてはいけないものを決めて行った。

「まず、王及び国には逆らわない。
2つ、不正を行わない。行った場合、不正の大きさによって処罰するが、次の会議までの不正は即爵位を剥奪とする。
3つ、他国との戦争は行ってはいいが、一回王城に敵国と自国の兵の量を報告し、許可をもらってからとする。
4つ、市民に無理をさせない。軍や、学校の授業などで、モンスターと戦わせるなどは良いが、ちゃんと保護をしたり、ひどい税などをかけない。
5つ、両者の同意の下だったら、領地を併合させても良い。
6つ、これから先、国の考えで、いろいろな政策をやっていく際も、逆らわない。

以上のことは最低でも守ってもらう。
ちゃんとメモなどをして、覚えたものから帰って良いぞ。その魔法具は自分の家と、この会議室は自由に行き来できるから何か質問があったら聞きに来ること。それでは解散!」

こうして、まだ試験的ではあるが、貴族制度が始まったのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く