転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

3勢力

「まず、私がアイン君の国がトップ1になっていると考えた理由はいったな?」

「はい。聞きました。」

「そうか。それじゃあ、今後のことだな。」

「今後のことですか?」

「ああ、今後って言うのは、世界会議のことだぞ?」

「はい。それはなんとなく分かっています。」

「そうか…それじゃあ、早速説明に入るな?」

そして、王による説明が始まった。

「まず、始めに覚えておいて欲しいのは、アイン君の敵対勢力の国は結構多いな。いや、これから多くなると言ったほうが良いか…」

「多くなる…ですか?」

「ああ、アイン君は今まで出ていなかったから分からないだろうが、世界大会には大きく分けて3つの勢力に分かれている。まぁ、勢力といっても、協力はしていないようなので、考え方って言うのが一番しっくり来るだろうな。」

「なるほど…」

「まず、私と近い考え方。平和派だな。これは文字通り、戦争を出来るだけしないで、他国との貿易をやるために参加をしている人たちだな。」

「分かりました。」

「それで、2つ目は中立派。これは、正直に言って、どっちにでも動くものたちだな。ただし、基本的にトップ20でも、実力が中~下のものが多いな。」

「はい。それで…」

「ああ、最後の考え方が、戦争派。ここは簡単で、基本的に普段は中立はを装って、貿易の話なども出来るが、問題が起こるとすぐに戦争をしたがる。そして、ここには前回まで1位だった国も入っているし、その国も、前回までは狙われる側だった。」

「なるほど…話を聞く限り、僕が次の標的ってことですか?」

「ああ、私は十中八九そうなると思っている。」

「そうですか…それは良かった。」

「それは良かった?どういうことだね?」

「ああ、僕の考えもどちらかといえば、戦争派ですね。自分からは基本的に仕掛けないが、仕掛けられたら、相手の国がなくなるまで徹底的に殺る。なので、そうやって分かれてくれているなら、どの国に対して、それをやって良いのかが、分かりやすくなりますから。」

「確かに…そうだな。」

「まぁ、仕掛けてこなかったらなにもしないのですけどね。」

「それは無いだろう。」

「そうですか?」

「ああ、今回は動く年になる。」

「なんかそういうのが決まっているのですか?」

「ああ、大体戦争派が動くのは、新しい国が世界会議に入ってきたとき。つまりアイン君が入ってきた今年は動くだろう。」

「そうでしたか。」

「それにアイン君が気づいているかは分からないが、君は世界会議の国もいくつか落としている。それはつまり、新しい国も多いってこと。そして、そのことから動く奴らはいるだろう。」

「そうでしたか…ちなみに、新しく入るのは何国なんですか?」

「6国…アイン君の国と、君によって空けられた枠に入ってきたものたちだ。」

「僕が今年で倒した国は多い。どの国のことなのかは分からないが、とりあえずは5国居たのか。」

「まぁ、武力に関しては話を聞いているし大丈夫だと信じているが、気をつけてくれよ。」

「ええ、大丈夫ですよ。大方今の話でどこが仕掛けてくるのか分かりましたし。」

そして、アインはその後、少しの食事に付き合って、王都に出た。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 虎真

    世界会議ではなく世界大会になってますよ

    1
コメントを書く