転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

作戦変更

セノヴァは自分の思い通りに行かなくて、焦っていた。

「クソッ!さすがに数が多すぎる。」

もともと、1対1を100回やる予定だったが、アインによって、その作戦がばれていたため、そんなことはさせてもらえなくなっていたのだった。

「セノヴァ君。攻撃を返さないと、一生続くよ?」

「チッ!本人はあんなところで高みの見物か…」

アインはどうしているのかと言うと、1対の天使の掌の上に快適セットを用意して、戦場から離れた場所で、様子を見ていた。

「そんなことを言ったって…それじゃあ、君がそこに居る天使たちを倒せたら僕も君と戦ってあげるよ。」

「何?天使たちを倒したらお前と戦えるだと?」

「そうだけどなんか文句あった?」

「大有りだ。何で今攻撃しちゃいけないんだよ!」

セノヴァはそういいながら、アインに対して、遠距離攻撃を行った。

しかし…

「そんなに遠くからの攻撃を天使たちが見逃す訳がないじゃん。」

そして、攻撃はアインに届く前に天使によって消されてしまった。

「そんなに僕にかまってて良いの?」

セノヴァはアインに攻撃をした一瞬の隙を突かれて、天使の攻撃を食らってしまった。

「本当に数が多いな!」

「もともと、こんなに集まるとは思っていなかったんだけどね…」

「それに、こいつら一向にしゃべらねぇ。」

「確かに…なんで?エリ。」

「それはきっと、この戦闘は本気で行っているからです。」

「本気なの?それじゃあ、本気の彼女たちを相手にしているセノヴァって結構すごい?」

「まぁ、結構すごいですが、戦闘系の本気ではなく、アイン様に見て貰う用の技を本気で打っているのです」

「どういうこと?」

「いまや、神の頂点となったアイン様は天使にとってもとても尊き生き物なのです。なので、そのアイン様に少しでも覚えてもらえるように、彼女らは威力ではなく、見栄えを重視した攻撃をしているのです。」

「え~。仮にも、相手は悪魔界の王だよ?」

「そんなことは関係ないっぽいですよ?さすがに1対1だと、本気で戦っていたでしょうが、この状況なら、すぐに回転していきますから…」

「そうか…でも、それじゃあ、相手のことをなめているっぽいし、やめさせるか。」

そして、アインは天使に対して、セノヴァの死刑宣告をした。

「皆の者、これからは、見栄えは気にしなくて良い。本気で、そして、一気にセノヴァを叩き潰せ!」

アインがそう言うと、長年命令をされていなかった熾天使達にとっては、久しぶりの上位のものからの命令だったため、命令されることに喜びを感じ、本気で戦闘を開始した。

「あ?なんか天使たちの動きが変わったか?」

さっきまでと同じように光線を避けたセノヴァには、今回の攻撃には何かの違和感を感じた。

「なんか、さっきまでに比べて当てる気が無いような…」

そして、セノヴァが、やってきた光線を避けると…

「な、何だこれは。」

その先には、光の球体があり、一箇所にだけ穴が開いていて、セノヴァは避けた勢いで、その穴に入ってしまった。

「くっ、なんか嫌な予感がするぜ。速くかなから出なくては…」

そして、来た道を戻ろうとしたが、穴の外には常に、光線が通っていて、そして、穴もどんどん小さくなっていった。

「出口にずっと光線が通っていやがる…これじゃあ、出られないじゃないか。」

しかし、この光の球体からは、外が見えるようになっていた。

そして…

「な、何をやっているんだ?」

約50体ほどの天使たちが、掌に力をためていた。

「ま、まさか…」

そして、約50体の天使たちは一斉に全力の光線を球体に打ち込んだのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く