転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

会場準備

そして、7時になったので、アインは冒険者ギルドに向かった。

「こんにちは~。」

「あ、アインさん。もう7時ですか?」

「ええ、もう7時ですよ。」

「この仕事をやっていると、時間の感覚が鈍くなってきちゃうんですよ。」

「そうなんですか?」

「ええ。」

「あ、それで、人数は集まりましたか?」

「はい。結構な人数が集まっていますよ。」

「そうなんですか。1つ質問があるんですが、冒険者ギルドの社員って国と冒険者だったどっちを取るんですか?」

「それはもちろん国ですよ。だって、この冒険者ギルドだって国からの支援をもらっていますから。」

「そうなんですね。」

「はい…ですので、新しい王がちゃんと冒険者ギルドに支援をしてくれるかも心配なんですよ。」

「そうだったんですか。今日集まっている冒険者の中にはお昼に話していた国を襲おうとしている人は来ているんですか?」

「居るには居ますが、主要人物は来ていませんね。主要人物たちは強いので、この時間でもダンジョンへの進入を許可されているのですよ。」

「そうだったのですか。分かりました。」

「皆様にこっちを見るように言ったほうが良いですか?」

「あ、できればお願いします。」

そして、社員の呼びかけによって、数分で冒険者たちは冒険者ギルドの中にある広間のほうを見た。

「それでは、お願いします。」

社員に言われて、アインは広間に立った。

「えー、今回は僕の依頼に応じてもらって感謝する。今回は君たちに話したいことがあって呼んだんだ。」

そう言うと、冒険者の1人がこう言って来た。

「何だよ。もったいぶらずに早く言ってくれよ。」

アインはそう言われたので、用件だけを先に言った。

「私が、今回、この国を取り込んだバルバロット帝国の皇帝、アインだ。用件を簡単に言うと、前は国王が冒険者にビビッて、ある程度の事を聞いていたらしいが、私はちゃんと筋が通っていない話については否定するつもりだ。」

そう言うと、冒険者はあからさまに不満を言うようになった。

「何言ってんだよ。おめぇみてぇなガキが調子乗ってんじゃねぇぞ!」

「だったら、こっちから王城に乗り込んでやろうか?あぁん?」

と、言ってきた。

「君たちの言い分は分かった。どうやら、ダンジョンによって自信が付きすぎてしまっているようだな。団長。」

「ハッ!」

「武力で交渉したい奴らも居るようだ。相手をしてやれ。」

「分かりました。」

「なんだなんだ?団長様がお相手してくれるってよww」

「しかも、挑戦者と団長様で総力戦だってよ。」

「か~。さすがに俺たちのことをなめすぎじゃねぇのか?」

「良いって良いって。だってここであいつが負ければ皇帝様の面目丸つぶれだもんな。」

冒険者たちはこんな話をして、すっかり参戦する気になっていた。

「ここでは、迷惑になる。少し待っていろ。」

そう言うとアインは、手を少し動かした。すると、待ちの外にある森のほうから大きな音が鳴った。

「森の木を消した。そこで戦うぞ。」

冒険者たちは信じていなかったが、街の外に出てみると、しっかりと森がなくなっていた。

「俺、辞退しようかな?」

「お前!逃げる気か!」

そんな話し声も聞こえたが、アインは先に釘を刺しておいた。

「逃げんなよ?お前たちの顔は覚えた。国家反逆罪を1人の団長に集団で勝てば見逃してやるんだ。しっかり、参加していけ。」

こうして、団長対冒険者たちが始まろうとしていた。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 咲

    侮辱罪もあるね。
    見た目に惑わされる時点で雑魚
    実力差が分からないのも雑魚

    3
  • ノベルバユーザー149501

    キターーーーーーwww

    2
  • ゼクト

    キボウノハナ~状態にならないように、気をつけなきゃ。

    2
コメントを書く