転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

帰宅

アインがベルを鳴らすと、中から一人の男性が出てきた。

「ここはベルナード家の屋敷です。あなたは何者ですか?」

「私はこの家に用があってきたものです。領主に会わせていただけますか?」

「いえ、身元の分からないものをお通しする訳には行きません。」

「君はここで何をやっているのだい?」

「私はここの屋敷にて、執事をやっているものです。」

「そうなんだ。何年前から?」

「3年ほど前からです。」

「ああ、なるほどね。それじゃあ、10年くらい前から働いている人を呼んでもらえるかな?」

「何故です?」

「僕は10年位前にはここによく来ていたから、その人たちなら分かると思うんだ。」

「まぁ、とりあえず呼んできますが、勝手に入らないでくださいね。兵たちよ、このものを見ておいてください。」

「ハッ!」

そして、執事の人は屋敷の中に入っていった。

すると、兵の一人が話しかけてきた。

「アイン様、お久しぶりでございます。」

「えっ!分かるの?」

「はい。私はここで10年以上働かせてもらっていますから。」

「そうだったんだ。でも、それなら何で先に教えてくれなかったの?」

「いえ、最初は分からなかったのですが、10年以上前は結構出入りしていたというところで気づきました。それにしても成長しましたね。」

「まぁ、あのころはまだ子供だったからね。」

「そうですね。しかし、最近はあまりアイン様のお話を聞かないのですが、何をしているのですか?」

「ああ、それはまた今度暇があったら話すよ。今日はもうこんな時間だし、できるだけ早く用件を済ませたいしね。」

「そうでしたか。確かにもう夕方ですしね。それでは私は仕事にもどらさせていただきます。」

「うん。ちゃんと仕事がんばってよ。」

「はい。」

そして、その兵は元の場所に戻っていった。

すると屋敷の中から話し声が聞こえてきた。

「何で私を呼ぶんだ?自分で対処すれば良いだろう。」

「今回来た人が10年前はここに出入りしていたから、10年以上働いている人を連れて来いと言っていまして。」

「だったら名前を聞いて置けよ。」

「もしも、偉い方だったらどうするんですか。」

「うっ…確かに。」

「ですから、対応をお願いします。」

「分かった。」

そして2人の執事姿の男性が出てきた。

「10年以上働いている執事のダンサイさんです。これで文句は無いでしょう。」

「私がダンサイだが、君は?」

「10年前によくここに来ていた人ですよ。」

「10年前に君みたいな子供が来ていた覚えは無いが?」

「来ていたというより、帰っていたというほうが正しいかな?」

「帰っていた?…まさか。」

「何ですか?ダンサイさん。」

「お前、すぐにグイン様に連絡だ。」

「何ですかいきなり。」

「何でも良いから聞け、すぐにグイン様を応接室に行かせてくれ。できればあの兄弟も。」

「わ、分かりました。」

そして、執事の1人が屋敷に入っていった。

「お久しぶりです、アイン様。久方ぶりの帰館をお待ちしておりました。」

そして、その場でダンサイは土下座をした。

「そんな事しなくて良いよ。それよりも中に入って良い?」

「そんな!自宅なんですからどうぞ中にお入りください。」

こうしてアインは久しぶりの実家に入ったのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー257755

    さすがになーwパクりすぎてて草w

    0
  • フェル

    最初の方感情無さすぎ

    0
コメントを書く