転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

現代の街

そして、6人は結構な時間がたった後、帰ってきた。

「お疲れ様です。」

「いや~アイン君。ここは良い町だね。」

「ありがとうございます。」

「それにしても全然知らないものが多かったね。」

「そうだな。」

「それに関しましては、私のほうからプレゼントがあります。」

そしてアインはスマホを3台取り出した。

「今回、街の多くの人が使用していたであろう、スマホというものです。」

「おお、これは確かに多くの人が使用していたな。しかし、これは何なのだ?」

「それに関しては、これを起動していただくと説明が流れますので、それをご覧ください。」

「おお、それではつけたいのだが、どうすればつくのだ?」

「それは、横についているボタンを長押ししてもらえればつきます。しかし、今つけないでください。」

「何でだ?」

「最初の説明の動画は結構な時間かかります。なので、帰ってからやっていただければ幸いです。」

「分かった。それでは私たちはそろそろ帰らせてもらおう。」

「はい。それでは転移魔法で送らせていただきますね。」

そして、アインは転移魔法を使い、3人を元の場所に送り返した。

「よし、これで良いかな。」

「アイン君。私たちにはスマホはくれないの?」

「ああ、あげるよ。それにもう用意してあるし。」

「それなら頂戴。」

「良いよ。」

そして、アインは3人にもスマホを渡した。

「とりあえず、今日は早めに解散するから、その後に見て。」

「分かったわ。」

「それじゃあ、この後は何をする?」

「う~ん。アイン君が今、がんばっていることかな。」

「僕ががんばっていること?最近一番がんばっているのは、クランのことかな?」

「アイン君ってクランまで持っているの?」

「うん。結構前から持っているよ。」

「そうなんだ。」

「それに多分、王様たちには気づかれていつだろうし。」

「何で?」

「自分で言うのもなんだけど、僕が作ったクランって結構大きくなっていてね。だから王都の中でも有名になっていたんだ。」

「そうなんだ。」

「でも、これは男子向きだから多分つまらないと思うよ。」

「それじゃあ、他に何か力を入れていることは無いの?」

「他にもいろいろ力は入れているけど、実際に見て楽しいものじゃないしな~。それじゃあ、向こうの大陸に行く?」

「なんか面白いものがあるの?」

「向こうの僕の国はちょっと変わっていてね。高い建物が多いんだ。」

「そうなの?」

「うん。だから始めてみる物だらけだと思うよ。」

「何でこっちでは作らなかったの?」

「それが完成したのは最近だし、こっちで最初からそれをやるのは心配だったからね。」

「そうなんだ。でも、アイン君が面白いって行ってくれた場所なら行くわ。」

「私も。」

「私も。」

「分かった。それじゃあ、向かおうか。」

そして、4人はアインによって作られた、地球とほぼ一緒の町並みの国に向かった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ヒカッチ

    (笑)(笑)

    1
  • べりあすた

    気づかれていつだろうし×
    気づかれていただろうし○

    3
コメントを書く