転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

求人募集

そして、アインは人材を集めるために、どんどんとお金を使って、いろいろなことをしていった。

「アイン様、これから具体的に何をするのですか?」

「まず、この国の中に隠れた、建設が得意な人を集めるんだ。
そういえば、前に魔王さんに、この大陸の隠れた集落を見つけたら、どんどんこの国に取り込んでいくように頼んだけど、それってどうなっているのかな?」

「順調に進んでいるらしいですよ。何でも、この世界には結構多くの人間以外の亜人種がいるそうですし、亜人種は人間の作った宗教では忌み嫌われるものですし、あの時アイン様は、この大陸内といっていましたが、国が大きくなって、亜人種が必要になるだろうなと思った魔王さんが、先に向こうの亜人種も集めていたそうです。」

「そうなんだ。さすがだね、魔王さんは。」

「そうですね。必要なことは大抵、先にやっていますよね。」

「まぁ、とりあえずはこの国の中には結構多くの亜人種がいるってことだね?」

「はい。亜人種の中でも実力が結構変わってくる、龍神族とゴブリン族でもちゃんと仲良く一緒に暮らしているそうですよ。」

「そうなんだ。でも、それだけ多いと、管理がちゃんと行き届いているのかな?」

「その点も、アイン様が進化させた魔物たちが亜人種と一緒になって、暮らしているので、管理は行き届いているそうですよ。」

「そうなんだ。それじゃあ、この国にいる、亜人種も含めた、建築が得意な人を集めよう。」

そしてアインは、前回の国になったことを発表したように、テレビで求人募集のCMを流していった。

しかし、その内容は豊かな国であるアインの国であってもおかしいくらいの報酬だった。

そのため、多くの建築に自信がある人が集まってきた。

「結構多くの人が集まったね。」

「アイン様が出していたCMの今回の報酬はこの国でも結構多いのですよ。それこそ、この国に移住してきた人からすればおかしな額だったのですから。」

「そうかもね。それよりも安心したよ。ちゃんとドワーフ族も参加してくれたし。」

「そうですね。それに今回はテレビの機能でどの人がこの仕事に応募したかが分かりますから、一々ここまでやってきて、その後ばらけてもらう必要が無いですね。」

「そうだね。それに仕事場までは僕が運んでいくよ。」

「アイン様、最近良く動きますね。」

「なんかそれだと僕が今まで働かなかった人みたいだけど…」

「いえ、そういうわけではなく、本当に物理的な距離でよく動きますね。」

「まぁ、部下に任せるだけってのもつまらないしね。」

「そうですか。それでは、今から集計結果が出ますので、少々お待ちください。」

そして、テレビとアイン用のパソコンによって、どこに何人の募集者がいるかが判明した。

「それじゃあ、今、ここに移っている町には明日、迎えに行こう。」

「そうですね。」

こうして、学校製作は順調に進んでいくのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • らくま

    やってます

    3
  • ゼクト

    小説とは関係ないけど、コンパスやっている人っていますか?

    4
コメントを書く