転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

クラン回り

アインの手には水晶の形をした機械があった。

「アイン様、それが例の機械ですか?」

「うん。そうだよ。」

「ようやく完成したのですね。」

「1つ1つにはそこまで時間をかけていないけどね。」

「そうなんですか?」

「うん。でも、量が多かったから、時間がかかっちゃった。」

「そうなんですね。それで、その機械を今からどこに持っていくのですか?」

「さすがに設置するにはもう、時刻的に遅いから、今から僕がすべてのクランに回ってきて、明日から利用するように言ってくるよ。」

「分かりました。それでは私は家で夕飯の準備をしておきますね。」

「それじゃあ、夕飯の準備はお願い。行ってくるね。」

「はい。行ってらっしゃいませ。」

そしてアインは転移魔法を使って、国内外の自分のクランの場所に転移魔法で移動をして、水晶型の機械を置いていった。

そしてアインがしばらく過ぎて、アインが帰ってきた。

「あ、お帰りなさいませ、アイン様。」

「ただいま。」

「思っていたよりも時間がかかりましたね。」

「うん。配るだけじゃなくて、一個一個のクランで、説明をしなきゃいけなかったからね。」

「確かにそうですね。あれをいきなり見せられて、明日から使ってって言っても、誰も使い方が分からないですね。」

「だから、すべてのクランで説明をしてきたんだ。」

「お疲れ様でした。それでは夕食の準備ができています。こちらへどうぞ。」

そしてアインは、エリの案内に従い、夕食所まで行き、夕食を食べた。

「アイン様、明日は何かなさるのですか?」

「明日は今日作ったあの機械がちゃんと正常に働くか、いろんなところを見て回るよ。」

「そうですか。それでは、準備をしておきますね。」

「よろしく。」

「しかし、アイン様は最近、人間観察がお好きなんですね。」

「うん。他の人が何を考えて、どうしてその行動をしたのかを見ているのが楽しいんだ。」

「アイン様が楽しそうで、うれしいです。」

「まぁ、これは明日の予定だから、今日は早めに寝て、明日は早朝から見に行こうよ。」

「分かりました。」

そして2人は夕食を食べ終わり、この日は早めに寝た。

そして次の日…

「おはよう。」

「おはようございます。」

「それじゃあ、向かおうか。」

「はい。しかし、最初にどこから向かうのですか?」

「まずは、国内のクランから回ってみようか。」

「それでは、その後は隣の国に行って、どんどん離れていくのですね?」

「そうだね。」

「分かりました。」

そして2人のクラン回りが始まった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 空白

    クランでは?

    1
  • カプ猫

    (*・ω・*)wkwk

    3
  • 咲

    全クラウンのトップの人や
    偉い人達に念話で説明すれば早かった気がする。
    転移魔法使える部下に行かせるのもあり

    3
コメントを書く