転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

潜入調査

そしてアインは仕事をしようとしたが、意外と仕事が少なかった。

「あれ?なんか思っていた以上に仕事が少ないんだけど…」

「アイン様、正直に申しまして、アイン様がいつ帰ってくるか分からないのに、そんなに多くの仕事をやらせようとする訳ないじゃないですか。」

「それじゃあ、僕の分まで、誰かががんばってくれたの?」

「そうですね。しかし、アイン様の仕事を誰か1人に押し付けている訳でなく、ここの社員で山分けして、やっていたそうですけどね。」

「そうだったんだ。それじゃあ、できるだけ早く、この仕事を終わらせるか。」

そしてアインは全力を出して、仕事を終わらせていった。

「ふ~。これで良いかな。」

「お疲れ様です。」

「とりあえず、やらなきゃいけないことは終わったかな?」

「はい。それで、この後はどうしますか?特に予定も入っていませんが…」

「そうだね。それじゃあ、またあれやろうよ。新人にまぎれるやつ。」

「あれですか?今回はどのようにまぎれるのですか?」

「まず、僕とエリがDランク当たりのクエストを見ながら悩んでいる演技をしよう。」

「はい。」

「その後近くにやってきた冒険者たちと一緒に冒険に行こうって言うんだ。」

「アイン様、それってこのクランで無くてもできませんか?」

「できるよ。だけど、前にエリがこのクランの加入条件を軽くしたって言っていたから、下のレベルがどのくらいなのか気になったんだ。」

「ああ、確かにここのクランの加入条件を軽くしてから、私は一回もしたのランクの人たちの戦闘を見ていませんね。」

「そうでしょ?だからこそ、このクランのメンバーについていく意味があるんだ。」

「そうですね。これでもしもひどかった場合は少し、加入条件をもう一回挙げる必要も見えてくるかもしれないですし、今回の奴は賛成ですよ。」

「それじゃあ、早速行こうか。この社長室から出てきたら、一般の人には怪しまれるから、転移魔法で近くの裏路地らへんに飛んでから行こう。」

「分かりました。」

そして2人は裏路地に飛んでから、クランに入っていった。

「良し、それじゃあ、Dランクのボードに向かおうか。」

そして2人がしばらくボードを見ていると1人の人に話しかけられた。

「あの~。」

「はい。何でしょう。」

「Dランクの依頼に挑むのですか?」

「そうですよ。」

「でしたら是非、一緒に行きたいと思いまして。実は今日このクランに入ったのですが、まだ1人でDランクに行くのが怖くて。」

「そうだったんですね。それでは一緒に行きましょう。」

「良いのですか!?」

「はい。私たちもどの以来に行こうか悩んでいましたので。それでは依頼を決めてください。正直に言って何でも良いので。」

「それではお言葉に甘えて。」

そういうと、その人は何枚かの依頼を手取った。

「これに行きたいのですが…」

「そうなんですか。それでは行きましょう。」

「はい!」

そして、アインと少年のちょっとした冒険が始まる。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • べりあすた

    挙げる×
    上げる○

    2
  • ゼクト

    最近女子を出しすぎている気がしましたので

    1
  • ペンギン

    あ、少年だったんだw

    3
  • カプ猫

    (*・ω・*)wkwk

    3
コメントを書く