転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

新大陸2

そしてアインは、アインの国に残った人たちを転移魔法で地下に連れて行った。

「君たちにはここで生活をしてもらう。」

「ここはどこですか?」

「それは君たちは知る必要のないことだ。」

「は、はい。分かりました。」

そしてアインはそこでの生活について最低限の説明をして、自分たちで働き、そして自分たちで開拓して行った所は自分たちで暮らして良いことを伝えていった。

「それじゃあ、僕は帰るから後は君たちの自由にして良いよ。」

そしてアインは地上に戻っていった。

「ふ~、独裁者のふりをするのもつかれるね。」

「アイン様、後半からだんだんと独裁者っぽくなくなってきていましたよ。」

「そうだった?まぁ、でも今回伝えるべきものは伝えたからもう良いよ。」

「それもそうですね。それではこの後はどうしますか?今回の実験は結構時間がかかるのですぐには終わりませんよ。」

「そうだね。それじゃあ、他にやることってあるかな?」

「そうですね~。もうすぐ学校があるので、あまり長期間のものはできませんよ。」

「それじゃあ、今回の戦争から逃げた勇者の後を追ってみようよ。」

「そうですね。今は何をやっているのでしょうか?」

「他の大陸に逃げたらしいけど、僕たちが元々いた大陸かな?」

「分かりませんね。神の力を使えばこの世界にどのくらいの大陸があるのか分かりますが、アイン様は神の力を使いますか?」

「ううん。できるだけ使いたくないな。楽しみが減っちゃうし。」

「それでは勇者はどういう風に探すのですか?」

「それじゃあ、魔力感知を使おう。彼らは魔力が高いはずだからすぐに見つかると思うよ。」

「そうですね。」

そして2人で魔力感知を使い、高い魔力が集まっている場所を見つけた。

「見つけたね。」

「そうですね。ここは行ったことがありますか?」

「ううん。行ったことないね。ここはどこなんだろう。」

「そこまで遠くないそうですし、行きますか?」

「そうだね。それよりも一回魔王さんに聞いてみようか。」

そしてアインたちは一回魔王に会いに行った。

「え?新大陸ですか?」

「うん。勇者たちがそこに逃げたようだから、そこに向かおうかなと思ったんだ。」

「そうなのですか…それでどこですか?」

そう言うと魔王は地図を取り出した。

「ここの大陸なんだけど…」

「ここの大陸ですか。ここにはこの領地から何人も送っていますよ。」

「そうなの?」

「今回アイン様が他の大陸に移ったことによって、これから先もアイン様が何回も他の大陸に行くのではないかとこの国の上層部は考えました。そのため他の大陸についても調べておこうということになったのです。」

「そうなんだ、それでその大陸について教えてくれる?」

「そうですね。とりあえず遅いので明日にしませんか?」

「そうだね。それじゃあ、明日教えてね。」

「はい。」

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く