転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

王国の使い道

あの後、連合軍は一回解散をして、それぞれの国に帰っていった。

「アイン様、王の処遇はどうしますか?」

「何でも良いんだけど、他の国で王のことをほしいって言っている人っているの?」

「他の国は特に王については言ってきていないですね。」

「そうなんだ…元王国の領地はどうなっているの?」

「それは今回の戦争参加国で山分けにしようということになっています。」

「予定通りなんだね。」

「そうですね。」

「あ、そういえば王国の領地だった場所についてを分けることは言っていたけど、どんな分け方をどうするのかは決めていなかったね。」

「それについては安心してください。数日後にそれぞれの国の宰相同士で会議を行って、どの国がどれくらいの領地をもらうかを相談してきます。」

「でも、今回の戦争に参加した国すべてに領地を渡すって難しくないの?」

「はい。可能ではありません。」

「それじゃあ、どうするの?」

「今回、領地をもらうほどの活躍をしていない国に関しては賠償金を領地をもらう国より多くしてあります。」

「それですべての国が納得したの?」

「はい。賠償金に関しては当日話すことになっていますが、王国がいなくなっただけでも大きな利益があった国もあったそうですから。」

「まぁ、他の国の人も納得してくれているならそれが良いけど。」

「それにアイン様は今回結構広めに領地がもらえると思いますよ。」

「何で?」

「よく考えてください。今回の戦争において勇者に止めを刺したのも、王城からあの2人を引っ張り出したのも私たちの兵じゃないですか。」

「でも、それは他の国の兵ががんばっていたからできたことだし。」

「アイン様、そんなに弱気にならなくて良いのですよ。あなたは今、一国の王なのですから、できるだけ多くの利益を取ったほうが良いのです。何より今回の作戦は我々の部隊がいなかったら成立していませんでしたから。」

「わかった。それなら僕もできるだけ国のことを考えて利益をもらえるようにするよ。」

「はい。」

「それで話は最初に戻るんだけど2人についてはどうしようか。」

「そうですね。なにも使い道がないのでしょうか?」

「うん。王国から転移させた人たちは別に愛国心なんかなかったし…」

「それではどうするのですか?」

「王国と密接に貿易を行っていた国ってある?」

「ありますよ。たいていはだめな国ですけど…」

「それじゃあ、一応そこの国に身代金を要求してみるか。」

「分かりました。こっちにつれてきた人たちはどうしますか?」

「基本的にどこの国に行くかは自由にするよ。この国では敗戦国者としてちょっとした実験を行うけどね。」

「実験…ですか?アイン様にしては珍しいですね。あまり人体実験は好まないと思っていたのですが。」

「うん。あんまり好きじゃないかな。それに今回の実験は後遺症や苦しみもないしそもそも人体実験じゃないし。」

「ではどんな実験を行うのですか?」

「今回もらった王国の領地を少しだけ改造してみて、そこにすんでもらおうと思うんだ。」

「そうですか…どんな改造を?」

「それは領地をもらってからのお楽しみって言うことで。そもそもどれくらいの領地をもらえるか分からないし。」

「安心してください。私が必ず広範囲の領地をもらってきましょう。」

「それじゃあ、期待しているよ。」

そしてアインは2人の身代金請求の準備と実験の準備をしていった。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 咲

    実験が楽しみ

    2
コメントを書く