転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

アインの魔法

「王様、 敵は4箇所からやってくるそうです。」

「そうか、それではどこに力を注ぐか…」

「王様、それでしたら、勇者を3つのグループに分けて、王国兵を合わせれば4つの軍ができますよ。」

「なるほど、それではそれで行こう。今すぐ王国兵は東に向かえ、勇者たちには自分たちで残った三箇所のどこが良いか決めさせてやってほしい。」

「分かりました。すぐに戦場に向かわせます。」

~勇者たち~

「皆、王から勇者の中を三つのグループに分けてくれといわれたんだけど…」

「そうなの…それは良かったわ。あいつと一緒に戦わなくて良いのね。」

「はぁ?それはこっちから願い下げだ。」

「それでどうやって分けたいの?」

「俺は子分たちを連れて行くぜ。ていうか他のやつはついてくるな。」

「それなら私もお友達と行きたいわ。それに普段一緒に行動していない人といきなり組まされても困るわよ。」

「それもそうか。それじゃあ、師弟グループとお友達グループと残りの人たちグループで行こうか。」

「それなら良いぜ。」

「私も。」

「王様からはできるだけ早く戦場に向かってくれといわれているからすぐに向かおう。」

そして、王国の部隊はやっと動き出した。

~アイン~

「アイン様、敵がなかなかやってきませんね。」

「うん。これでももう、この王国の外側にあった街は結構征服しているのになかなか来ないね。」

「あまり危機感を抱いていないのでしょうか?」

「それか、外側の街が征服されていっていることが報告されていないかのどっちかだね。」

「そうですね…アイン様。」

「うん。分かっているたった今王城から出たところか。」

「ここまで来るのに何日かかるでしょうか?」

「勇者たちは身体能力も高いから、走ればここまで一日もかからないんじゃない?」

「そうですか。しかし、動き出すのが遅いですね。勇者がやってくるまでに4つの街はここの部隊で取れると思いますよ。」

「そうだね。基本的には市民の説得だからね。」

「ええ、それで、アイン様はこれから王城の近くに行って何をなさるのですか?」

「それはね。王都にある魔法をかけるんだ。その魔法の効果は本人の認識スピードと実際のスピードを変える魔法なんだ。」

「というと?」

「これは日常生活の中では気づきにくいんだけど、戦闘中になったら絶大な効果を発揮するんだ。この魔法の細かい効果は、王国民や王国兵、勇者は自分が思っているスピードよりも二分の一倍のスピードで動いてしまうんだ。」

「それはつまり、勇者たちの攻撃のスピードが遅くなるということですか?」

「それであっているけど、それ以外にもあるよ。自分が思っているよりも相手の攻撃が二倍早くなるんだ。勇者や王国兵から見たら、僕たちの攻撃は明らかにあたっていないはずなのに攻撃が自分に当たっている気分だね。」

「それでは勇者たちは攻撃があたってから回避しようとするのですか?」

「そういうことだね。だって、回避しようとした瞬間にはもう攻撃があたっているんだから。」

「それではもっと安定してこちら側が勝てますね。」

「そうだね。」

「それではその魔法を王都で使った後、ここにいる兵をもっと進軍させましょう。」

「じゃあ、僕は王都に行って来るよ。」

そしてアインは王都の上で王都全体にさっきの魔法を使ったのだった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 咲

    アインの魔法で一撃

    2
コメントを書く