転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

街到着

アイン達は自分の領地に戻ってきた。

「それではポスターを作らせておきますね。」

「うん。よろしく。」

「しかし、これで一通り回りましたね。」

「そうだね。これで後は入学を待つだけだ。」

「はい。」

そして一ヶ月がたった。

「しばらく帰って来れないと思うけどよろしくね。」

「はい。アイン様の作った最高の街をもっとより良くできるようにがんばります。」

「それじゃあ行ってくるね。」

「まだ早くないですか?」

「うん。でも先に向こうの街にも慣れておきたいからもう行くよ。」

「分かりました。それでは行ってらっしゃいませ。」

そしてアインは転移魔法でゼアル子爵の学校のある街に向かった。

「着いたか。」

「少年。ここにある学校に入るものか?だったら学校はここの道をまっすぐ行って、右に曲がるとあるぞ。」

「ありがとうございます。」

「おう、がんばれよ。」

「はい。」

そしてアインは教えてもらった場所に向かった。

「ここか。でも教からじゃないから、とりあえず近くの宿を取っておこう。」

アインは学校の近くにあった宿を一か月分取って、一ヶ月の間この町で暮らしていった。

「お、アイン。明日から学校か?」

「あ、武器屋のおっちゃんそうだよ。」

「がんばれよ。この町はお前を応援しているぞ。」

「そうだぞ。お前はいいやつだからな。この付近のやつからお前は人気だぞ。」

「雑貨屋のおじさんまで。」

「アイン君がいなくなるなんて少し悲しいわ。まぁ娘も学校に通うから仲良くしてね。」

「宿屋のおばさんまで…ありがとうございます。」

アインは街の住民に応援されながら明日への準備をしていた。

「おい、みんな。馬車がやってきたぞ~道をあけておけ~」

そういう声が聞こえてきた後、いくつもの馬車が入ってきた。

「あれは貴族様の馬車だな。アイン。変に目をつけられるなよ。しかも今年は王女様や公爵令嬢様までいるらしいからな。俺も王女様以外の貴族はあまり知らないから気をつけないと。」

(僕も貴族なんだけどね。)

「そうなんだ。僕もできるだけ学校で仲良くなりたいよ。」

「そうだな。貴族の人と良い関係を持っておくと将来いろいろなところでいいことがあるからな。」

「お前ら話していないで道をあけろ。」

そして貴族の子供たちが馬車に乗って学校に向かっていった。

「貴族様は前日にこの街に来るのか。アインは一ヶ月も前にこの街に来ているのに。」

「まぁ、僕はこの街に慣れておきたかったって言うのもあるけどね。」

「それでも学校のために一ヶ月も前にお前は来ているのにな。」

そんなことを話していると一番最後に豪華な馬車が入ってきた。

「おお、あれは俺でもわかるぜ。あれが王女様の馬車だな。」

武器屋のおっちゃんがそんなことを言っているとリリスと目があった。
そのため、僕はジェスチャーで黙っておいてもらうようにお願いした。

「王女様がお前の事を見ていなかったか?」

「気のせいじゃない?」

「そうか。それにしても貴族は馬車まで豪華なんだな。」

「そうだね。それにしても僕も明日から学校だから戻りますね。」

「おう、気をつけて来いよ。」

そしてアインは宿にて最後の一日を過ごした。 

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ヒカッチ

    教からじゃ

    1
  • カプ猫

    教からになっているけど、
    今日からじゃないんですか?

    5
  • 桜月

    今回も楽しかったです!次回を読むのが楽しみです。特に貴族関連のからみなど。

    アインの台詞「教から」となっていたのですが「今日から」ではないでしょうか。

    6
コメントを書く