転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

とある少年の物語5 

数時間後、精霊の宿にはジャックがやってきた。

「すまんな~ノエル。お前を最低でもBランクまで上げるって約束したのに。」

「そんなことは気にしていません。それよりも僕のせいで…」

「そっちこそ大丈夫だ。どうせあのクランは無差別に自分たちよりも弱いところを襲っていたんだ。お前がいなくてもいずれは来ていただろう。」

「そう言ってもらえてうれしいですが、やっぱり僕にも責任があると思います。」

「大丈夫だ。それよりもお前はこの後どうするんだ?」

「僕はもう一回ジャックさんのクランに入ろうかなと。」

「それは残念だったな。俺はもう一回クランを立ち上げない。」

「何故です?ジャックさんの力があったらもう一回Bランククランにいけると思うのですが。」

「それは俺はもう結構な年をとっていてな、今回のことをきっかけに冒険者を辞めようと思っていたんだ。」

「そうだったのですか…ジャックさん今までお疲れ様でした。」

「おう、ありがとうな。それでお前はどうするんだ?もう結構強いとは思うがお前の目指す場所は結構高いだろ。」

「そうですね…とりあえずは今残っているクランにでも入って、今後も鍛えて行きたいと思います。」

「そうか…あのクランによっていろいろなクランが消されていったが、まだ残っているところもあるだろう、そこに入ってがんばるんだな。いつか俺らの敵を売ってくれ。」

「はい。」

「それじゃあ俺はもう帰るな。」

「今日は来ていただいてありがとうございました。」

「おう、俺は冒険者は辞めるが、この街を出て行くわけではないからいつでも相談に来いよ。」

そう言ってジャックさんは出て行った。
そしてノエルももう夜遅くになったので、寝た。

そして次の日

「よし、今日も冒険者ギルドに行くか。」

そしてノエルは中に入るとルートに会った。

「ノエル、残念だったな~。お前の入っていたクランは俺らが潰した。お前はどうやらあのクランで多少は強くなれたらしいが、お前はもう教えてくれる師匠なんていないんだよ。」

「君が潰したのに。」

「そんなに悔しかったらあのときにクラン戦争に出ていればよかったじゃないか。それをお前はどっかに行っていた。その間に仲間はやられたんだよ。」

「くそっ。」

「お前は戦ってもいないのに俺らを怨むのか?それはおこがましいんじゃないか。」

「ルート、その辺にしておけ。お前も戦っていないだろう。」

「クランマスター様。どうしました?」

「今日はもう帰るぞ。もう俺たちが倒さなくちゃいけないクランはない。」

そこには今までに出会った中でも圧倒的な迫力を出している人がいた。

「分かりました。」

そう言うとその2人は出て行った。

「クソ、僕にもっと強さがあればあの戦いにも参加できたのに。」

「大丈夫か?」

「あなたは?」

「俺はこの街でとあるクランに入っているものだ。」

(まだクランが残っていたんだ。)

「そうなんですか…僕は最近クランをやめてしまったんです。」

「嘘をつけ。さっきの話は聞いていた。」

「聞いていたんですか!周りにはそんなに人がいなかったはずなのに。」

「まあ、耳が良かったと思ってくれ。それでお前のクランはあの2人のクランに潰されたんだな。」

「…はい。」

「そうか…あの二人を倒したいか?」

「はい。クラン仲間だった人のためにも倒したいです。」

「それなら俺たちのクランに入るか?」

「もしかしてクランマスターなんですか?」

「違うが、メンバーが認めたものは入れても良くなっているんだよ。」

「そうなんですね。ぜひ入りたいです。」

「そうか。それじゃあクラン登録をやりに行くぞ。」

まさかこの出会いが後々僕の人生を変える出来事になるとは今の僕は思ってなかった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 白ノ宮

    創焉覇神兵か

    2
  • ノベルバユーザー110555

    敵を売ってくれのところ敵を討ってくれでは?

    2
  • ゼクト

    ありがとうございます。
    これからも頑張ります

    2
  • ベッコベコ飴

    面白いです
    話の続きがすごい気になります
    これからも頑張ってください応援してます

    1
  • エンシェント・パラライト

    ついに来た?((o(。>ω<。)o))ワクワク

    6
コメントをもっと見る / 書く