転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

とある少年の物語2

そしてノエルは王都に着いた。

「ここが王都か~僕の町とはぜんぜん違うな~」

「そこの者、ここには何のようで来た?」

「私はノエルと言います。ここには冒険者としての腕を上げるように来ました。」

「そうか、それでは冒険者ギルドの場所はここを進めばわかるぞ。」

「ありがとうございます。」

そしてノエルは冒険者ギルドに着いた。

「わ~、ここの冒険者ギルドは大きいな~」

「そこの君、ここにはなんの用で来たの?」

「はい!ここには強いクランに入って、強い人に鍛えてもらうために来ました。」

「そうなのね。それではできるだけ高ランクのクランを紹介するね。あなたのランクは?」

「すみません。Eランクなんです。それでも入れるところはありますか?」

「あるわよ。さすがにAランクのクランは無理だけどBランクなら何とかなるわ。」

「そうなんですね!良かったです。」

「それじゃあ強いところに紹介するけど、なんか条件ってある?」

「いえ、僕は教わりに来ているので、条件なんてありません。入れるだけでうれしいです。」

「そう。紹介しておくね。」

そしてノエルは帰っていった。

「さすがに王都の宿は高いな~…しょうがない。これからがんばるか。」

そしてノエルは宿を取り、旅の疲れを取って、寝た。

そして次の日…

「今日も来ました。」

「あ、ノエル君。見つけておいたよ。」

「本当ですか!」

「うん。ノエル君のことを伝えて入ってもいいといってくれたところは3つあったよ。選んでね。」

「はい。」

そして、ノエルはひとつのクランを選んだ。

「ここにします。」

「そこね、そこは結構古くからあるから強い人も多いと思うわよ。」

「ありがとうございます。それじゃあ早速行ってきます。」

そしてノエルはクランハウスに着いた。

「ここか~」

「お、なんだお前?新入りか?」

「はい。新入りのノエルといいます。よろしくお願いします。」

「おう、よろしくな。俺の名はジャック。ここのクランのトップをやっている者だ。」

「えっ!クランのリーダーだったのですか!すみません知らなくて。」

「気にしていないから安心しろ。それで、お前は確かここに強くなるために来たんだよな。俺が教えてやろう。」

「クランリーダー直々に!ありがとうございます。」

「俺のことはジャックで良いぞ。」

「そんな…そんな事言えません。クランリー「ジャックだ。」…はい。ジャックさん。」

「それでいい。最低でもBランクまでは上げてやる。」

「本当ですか!ありがとうございます。」

「おう、その代わりに厳しく行くから付いて来いよ。」

「はい。どんな修行でもがんばります。」

そしてジャックによるもう特訓が始まっていった。

そして3ヶ月がたった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー179677

    冒険者としての腕を上げるようにではなく上げるためにではないですか?

    1
  • ゼクト

    がんばります(*- -)

    2
  • おかか

    頑張ってください(*- -)(*_ _)ペコリ

    2
  • ゼクト

    がんばるぞ~

    2
  • 咲

    続き気になりますね。
    はよ(ノシ 'ω')ノシ バンバン

    1
コメントを書く