転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

町での会話

これはアインが来る前の話。

~町の人たち~

「村長様、我々はどうすればいいのでしょう。国から農作物を出すように言われています。」

「どうしようか…宰相様は我々の現状を知らないのだろうか。」

「確か宰相様は王都以外に興味がないようです。そのため私たちの町以外でも同じ問題が出ているそうですよ。」

「そうなのか…それでは我々はどうすればいいのだ。そろそろ餓死するものも出てくるぞ。」

「宰相様に言いますか?」

「我々の意見なんて聞いてもらえないだろう。」

「それでは本当にどうしましょう。」

「ここの地もだんだんとやせてきている。もう作物も育たなくなるぞ。」

「とりあえず今は節食をして耐えしのぐしかないですね。」

そして1週間がたった。

「村長様、この町に人が来ました。」

「何!この町にか?王都ではなく?」

「はい。この町に用があってきたそうです。」

「何のようなのか聞いてきたか?」

「はい。しかし村長様に話したいことがあると言っていまして…」

「分かった私が出よう。」

そして村長はアインに会った。

「旅人殿。今回はどのような用で。」

「今回は君たちを救うために来たんだ。」

「私たちを救う?あなたは何者なんですか?」

「僕は別の国で公爵をやっているものなんだけど、ここの国は王都以外にぜんぜん力を入れていないから救ってあげようと思って。」

「公爵様だったのですか!?それで救ってくれるとは具体的にはどうするのですか?」

「それは君たちの町が僕の領地になってくれると僕のほうも支援できるので、できればこの街を僕の領地にしたいんだ。」

「支援、ですか?」

「うん。正直に言ってこの国は王都でどうにかやっていけると思うからここの町を僕の領地にすることによって、食料の助けなどができるんだ。」

「何故あなたはここまで我々のことを救ってくれるのですか?」

「ああ、僕のことはアインでいいよ。それで救う理由だけど僕には君たちのことがもったいなく感じるんだ。」

「もったいなく?それはどうしてですか?」

「うん。君たちの中にもしかしたらもっと活躍できる人ができる人がいるかもしれないので、王都で生まれなかったって言う事でその才能を無駄にはしたくないんだ。」

「我々にそんな救ってまで活躍できるような才能あるものがいますかね?」

「もしいなくても、ここで見殺しにするわけにはいかないからね。」

「そんな。ほとんど無償で救っていただけるなんてありがとうございます。」

「それで移動してくれる?」

「はい。我々ももう限界を感じていたころなんですよ。移動でいいならします。」

「ありがとう。それじゃあ他の町にもこのことを言ってきた後に村長だけ集めて話をするからまっていてね。」

「はい。アイン様、分かりました。」

そしてアインはこの話をすべての町でし、その後村長たちを集めて前回話したことを言った。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ゼクト

    テスト週間が終わったので、遅くなります。

    2
  • 咲

    続きが気になりますね

    1
コメントを書く