転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

すべてのダンジョンの改造完了

「ただいま。」

「おかえりなさいませ。終わったのですか?」

「うん。それでここの国にあるダンジョンの順位がわかったよ。」

「どうなってました?」

「1000位以上が3個、100位以上が5個、10位以上が4個だったよ。」

「そうだったのですね。」

「うん。でも大きなダンジョンに限って人のいけないところに多かったよ。」

「そうなのですか?しかし人が来ないと順位が上がらないのではないですか?」

「ふつうはそうなんだけど、ここの国では市民の近くにあるダンジョンはすぐに攻略されちゃって資源が減り、順位が下がり、逆に人が来ないところではどんどんと資源が増えていって順位を上げていったらしいよ。さすがにこれ以上は人が入ってこないと順位を上げられないけど。」

「そうだったのですか・・・それではアイン様はここでどんなことをするのですか?」

「ここではまず王様にダンジョンマスターとしてこの国に人を呼びたいと言う。」

「言ったら退治されないのですか?」

「大丈夫だよ。基本退治されるのはダンジョンから出て暴れるダンジョンマスターだけだし、この国も人をもっと呼びたいから協力してくれるんじゃないかな。」

「それでは王様のところに行きましょう。」

そしてアインたちは王様にダンジョンマスターとしての説明をしてやりたいことの説明もした。

「アイン様、最後に何の説明をしていたのですか?」

「ああ、この国の人が来ないところにいっぱいダンジョンがあることを説明して、そこまで道を作りたいって言ったんだ。」

「道ですか?しかしこの国に長い道を作るくらいの予算があるのでしょうか?」

「それは大丈夫だよ。ダンジョンの資源を使って作ると言っておいたからこの国の負担にはならないよ。実際は僕の領地の資源を使うんだけどね。」

「なるほど。私たちのほうで資源を出すと言えば国も認めてくれるのですね。しかしなぜダンジョンの資源って言ったんですか?」

「僕はダンジョンマスターとして王様にあったのにダンジョンの資源以外に資源を確保できたら疑われちゃうから。」

「そこまで考えていたのですね。それでは作るのも兵に任せるのですか?」

「それはやめておくよ。さすがに街に近いところは兵に任せるけどそこ以外はモンスターにやらせようと思うんだ。人をいっぱい使っていたらどこから人を見つけたか疑われるかもしれないから。国の人には雇ったって言っておくよ。」

「それでは作りましょう。」

「そうだね。」

そしてアインは兵やモンスターに命令をして1週間で道を作った。

「さすがアイン様、この国のダンジョンをつなぐ道を1週間で作るなんて。」

「今回は結構な人数を動員したからね。」

「それでもこの短期間で作れるのはすごいと思います。」

「そうかな?」

「はい。」

「ありがとう。それじゃあダンジョンを簡単に解説するね。」

そしてアインはダンジョンの説明を開始したがそれはこの国のダンジョンをすべて前の国で作ったダンジョンと一緒にしたということだった。

「アイン様、それではこの国のダンジョンはすべて1000階層になっているのですか?」

「そうだね。しばらく時間がたたないと人が来ないから一回帰ろうか。」

「はい。」

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • べりあすた

    最後らへん誰と喋ってるの?

    1
  • ゼクト

    確かに。

    1
  • 咲

    アインはよく考えている

    1
コメントを書く