転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

この国でやること

そしてアインは新たな国へと着いた。

「やっと着いた。ここまで来るのにこんなに時間をかけるつもりはなかったんだけどな~。」

「前の国ではいろいろとありましたから。」

「そうだね。」

「しかしアイン様の領地はもう王国を超えているので独立してもいい気がするのですが…」

「それはないよ。僕は国の貴族として広い領地をもらっているだけだからね。それに国を管理するのは難しいだろうしね。」

(そんな事ないと思いますけどね。)

「そんなことよりもとりあえず今は旅を楽しもうよ。それは大人になってから考えるよ。」

「はぁ、分かりました。それでアイン様、この国の大きさはどのくらいなのでしょうか?」

「ここは8位…6位の国だね。」

「あれ?何故言い直したのですか?」

「前までは8位だったけど、2つの国が消えたから。」

「ああ、アイン様によってですけどね。」

「僕だってやりたくてやったわけじゃないよ。」

「でも、2つの国をつぶしたのは確かじゃないですか。」

「何も反論できないのが悲しい。」

「それでこの国もつぶすのですか?」

「君は僕のことを何だと思ってるの…つぶさないように気をつけるよ。それじゃ行こう。」

そしてアインたちは今まで通りに冒険者ギルドに行って、依頼をこなしていった。

「さすがにここの冒険者ギルドは前の王都よりも小さいですね。」

「それはしょうがないよ。冒険者ギルドを作る金がないんだから。」

「そうなのですね。しかしここら辺に出てくるモンスターは強いですよね。」

「うん。ここの国は良い冒険者が少ないから強いモンスターを倒せる人が少ないんだよ。」

「そうなのですね。それじゃあここの人は常に危機に瀕しているのですね。」

「そうだね。でも前の国を領地のできたからここの国にも僕のクランや商店を派遣できるよ。」

「そうすれば危険なモンスターは減りますね。」

「それだけではないよ。ここで僕のクランが活躍してくれればこの冒険者ギルドも大きくできるんじゃないかな。」

「それじゃあこの国では特にやることがないのですか?」

「ここにはダンジョンがあるからそこを攻略しようと思う。」

「そうなのですね。」

「うん。そこのダンジョンは世界で1000番目くらいのダンジョンだから簡単だと思うよ。」

「そうなのですね。」

「うん。簡単すぎてぜんぜん人が来ないらしいからこむこともないし。」

「それはいいのですか?」

「まずい状況だよ。ダンジョンにとってもこの国にとっても。」

「何故です?」

「良いダンジョンがあればこの国はいっぱい人が来るようになるからこの国も景気が良くなるからね。」

「アイン様って他の町でダンジョンマスターをしてらっしゃいませんでしたっけ。」

「してるよ。」

「それでその国のダンジョンはどうなったのですか?」

「僕がダンジョンマスターになってから利用者はどんどん増えて行ってるよ。」

「それじゃあアイン様がこの国のダンジョンすべてのダンジョンマスターになればいいんじゃないですか。そうすればこの国もどんどん人が来るのではないでしょうか?」

「それは確かにいいね。それじゃあ簡単なダンジョンは3人で攻略して、難しいのは僕1人で全力で攻略してくるよ。」

「はい。行ってらっしゃいませ。」

そしてアインは3人で攻略したり、1人で攻略して無人のダンジョンをすべて攻略した。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 火野目 燐助

    誰と話してるのか分かりにくいかな

    1
  • ゼクト

    それは数日後のお楽しみに。

    1
  • 咲

    とりあえず国を活性化させていって
    愚王は懲らしめる
    いろんな所のダンジョンマスターになる
    みたいな感じかな

    1
コメントを書く