転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

ダンジョン

一応、Cランク冒険者なんだからCランククエストを受けておいた。

「サウザンドゴブリン10体の討伐ね。サウザンドゴブリンは普通のゴブリンの3倍くらい強いから気をつけてね。」

「はい。分かりました。ちなみにこの近くにダンジョンってありますか?」

ダンジョン…それはこの世界に突然現れた未知の建造物。その中にはモンスターが沸いていて、倒して進んでいくと報酬がもらえるところ。

(実際にはダンジョンって神の暇つぶしに作っただけなんだけどね。)

「あるわよ。ここから歩いて20分くらいのところに国内で10番目くらいに大きいダンジョンが。」

「そうなんですね。ちなみにこの街ではどうやったらダンジョンに入れるのですか?」

「Dランク以上の冒険者カードを見せたら入れるわよ。」

「ありがとうございます。」

「一週間たってもここにこなかったら、クエスト失敗と言うことになるから。」

「一週間ですね。分かりました。」

そしてアインは街の外に出て、東の森に向かっていった。

「正直、ダンジョンのほうに時間をかけたいからサウザンドゴブリンはさっさと倒すか。」

そして僕は森に入ってすぐにサウザンドゴブリンを見つけて、1秒もかからずに倒した。

「さて、ダンジョンに向かうか。」

そして僕は人に見つかりそうになるまで超スピードで移動をした。そして人が見えてきたのでスピードを落とした。

「すいません。」

「なんだ?子供じゃないか。ここから先はダンジョンしかないよ。」

「一応Cランク冒険者なんだ。」

「そうだったのか。まぁ子供だろうとDランク以上ならいい。入りな。」

「ありがとうございます。」

僕はそういいながら中に入った。

そこには薄暗い道が続いていた。

「最初の方はあまり強いやつも出てこないからどんどん進もう。」

どうやらこのダンジョンは約50階層だったはずだ。そしてアインはすぐに40階層まで着いた。

「ダンジョンって最後の部屋を守るために最後の10層はすべてがボス部屋になるんだっけ。」

そしてアインは40~48層までのボスモンスターも今まで道りに倒して行った。

しかし、アインは普段から自分のステータスに制限をかけているせいで、47階層からはきつくなり始めていた。

「そろそろ制限を取らないと危なくなってきたな。でもまだ倒せているし、このまま行こう。いざとなったら外せばいいや。」

アインは今までで苦戦と言う苦戦をしてこなかったため、緊張感の出る戦闘が少し楽しくなっていた。

「それじゃあ49層目に行くか。ここがこのダンジョンの中で2番目のモンスターが出るところだよね。何が出るんだろう。」

今までで40層までこれた冒険者はいなかったため、40層以降のボスモンスターはすべて情報がない状態で戦っていた。そして今回もどんなモンスターがいるのか分からない状態で強敵との戦闘にアインは久しぶりに心が躍っていた。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー286863

    神の暇つぶしに作った、だとまるでアインが作ったみたいになりますよ。この場合 神が にすると良いと思います

    2
  • ゼクト

    強すぎー

    1
  • ペンギン

    マジでヤバいですねw強すぎw

    1
コメントを書く