転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

冒険しよう

あれからからしばらくたち、夏休みになった。

「夏休みになったけど、何をしよう。」

「アイン様はなんかやりたいことはあるんですか?」

「とりあえず、自分の領地に帰ってきたけど特にこの領地でやりたいことなんて思いつかないんだよね。」

「そうなんですか…ではこの領地以外でできる何かはないんですか?」

「この領地以外でできる物?う~ん…そうだ!冒険しよう。」

「冒険ですか?」

「うん。僕ってSランク冒険者なのに、特に冒険者としての仕事もしてなければ、冒険もしていなかったから。この機会に冒険してみるよ。」

「確かに冒険してみるのもいいかもしれませんね。」

「そうでしょ。それじゃあ、いつ行こうかな。」

「最低でも2日は待ってください。さすがにあなたも何も持たないで冒険するわけに行かないでしょう。私が準備をしておきます。」

「だったら2日たったら行こうかな。」

「はい。それを前提に用意をしておきますね。」

「よろしく。」

それから2日がたった。

「それじゃあ行って来るね。」

「はい。いってらっしゃいませ。」

そして僕は冒険するために馬車に乗って、他の街に向かっていった。

「この領地のことは分かるから他の領地に行きたいけど本当にこの領地は広いな。」

馬車だと他の領地に行くのにすごく時間がかかった。そして

「やっと着いた。」

そして隣の領地の街に着いた。

「ここは検問所だ。何を目的にここに来た。」

「冒険をするため。」

「お前みたいな子供が?まぁいままでにもいなかったわけではないからいいか。」

「で?通れるの?」

「ああ、念のため冒険者ランクを知りたいため冒険者カードを見せてくれ。」

僕には2つのカードがあるため、アインだけで登録したほうを見せた。

「Cランクか。子供にしては高くないか?」

「はい。昔からやっていましたし、自主練もがんばりましたから。」

「そうなのか。まぁいい。入っていいぞ。」

「はい。冒険者ギルドはどこにありますか?」

「ここをまっすぐ行った所にあるぞ。」

「ありがとうございました。」

「気をつけるんだぞ。」

「はい。」

そして僕は冒険者ギルドに向かった。

「すみませ~ん。」

「お、何だがガキだったか。創焉覇神兵の連中が急いでいたからどんな奴が来るのかと思っていたがまだだったのか。」

「創焉覇神兵?ですか。」

「やっぱり知らなかったのか。この街でもトップクラスだが、この王国内で一番力をつけているクランの名前だ。」

「この街にも来ているのですか?」

「ああ、いるぞ。」

(良かった。いざとなったら頼ろう。)

「ありがとうございました。」

そして僕は依頼ボードを見て、依頼を決めていった。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー179677

    そうだ!京都に行こうみたいなのりで冒険しにいく主人公

    1
  • ゼクト

    直しておきました。

    1
  • ノベルバユーザー184952

    輪や氏 → 私

    更新頑張ってください

    1
  • ゼクト

    ありがとうございます。
    がんばって行きたいと思います。

    2
  • 猫ネギ

    どんど上手くなってきてますね!
    これからも更新よろしくお願いします!

    2
コメントを書く