転生貴族のハーレムチート生活

ゼクト

お披露目会2

中に入ると貴族の親とそれについてきていた子供がいた。

(若干男の子の方が多いのかな?)

男子と女子が7:3の割合でいた。

(なんか親といないの僕だけじゃないか?まぁ貴族になっちゃったから仕方がないけど。とりあえず子供のみんながいるところに行ってみよう。)

僕はみんなが集まっているところに移動した。

「こんにちは。君はなんていうの?」

「僕はシャナーク男爵家のダリンって言うんだよろしく。」

「こちらこそよろしく。僕はアインって言うんだ。君の家ってどんなことをしているの?」

「僕の家は昔から続いているらしくって、男爵位だけど領地を持ってるんだ。だから長男である僕にいろいろ学べって親がうるさいんだ。」

「へぇ~君って領主になる予定があるんだ。僕も領主になれるからそのときにはよろしくね。」

(ここで僕が領主だといってしまうと変に緊張されるし言わなくてもいいか。)

「よろしくね。君はどんなことをやろうとしているの?お父さんに言われたことだけじゃわからないから。」

「僕はねできるだけ自分で動こうとしているんだ。たとえば自分で建物なんかを作ったりしているんだ。」

「自分で立てれるなんて何でアインはそういう知識も持ってるの?」

「そういう知識というより魔法で作ったんだよ。」

「そんな魔法があるんだ。僕知らなかったよ。」

「おうおう、雑魚貴族の子供が仲良くやっているな~」

なんか変なガキ大将みたいなやつが来た。

「そんな君は誰?」

「下級貴族の子であるお前がずうずうしいが教えてやろう。俺は侯爵の長男であるグルーグ様だ。」

(下級貴族って、確かに今回の男子のほうの貴族の子は下級貴族の子が多いけど言い過ぎじゃないか?
グルーグ?ああ、グリム侯爵のところか。)

「この場ではみな平等なはずだけど?」

「そんなの昔作った制度だ。それに今までは貴族の位の上の人がいるかわからなかったけど、今回は男子には一人しかいないらしいからな。」

(その一人って僕のことなんだろうけど、こいつわかってないな。)

「とにかくそんなに見下したような態度をとるならどっかに行ってよ。」

「何!?今はグルーグ君が君たちに話しかけてくれてんだぞ。このことに感謝しないか。」

そんなことを取り巻きAが言ってきた。

「まぁお前も落ち着け。君によって僕の心は傷ついた。なので僕は君に決闘挑む。」

「決闘?」

「決闘も知らないなんてやっぱこいつ田舎貴族の子ですよ兄貴。」

「決闘とはいわば自分たちの軍を使った総力戦だ。殺すのはいけないが一回でも切られたものは即敗退で、最後に残っていた人がどっち陣営なのかで勝負を決める。」

「ちなみに勝ったほうに何かあるの?」

「基本は決闘を申し込んだほうが決めるのだ。僕は負けたほうが勝ったほうに全財産の半分を渡すことを決闘の勝利報酬にする。」

「分かった。それでいいよ。」

「え、アイン君本当にいいの?この決闘は子供同士のものでも親の兵なんかも使っていいんだよ。」

「大丈夫だよダリン君。絶対負けないから。」

「なかなか勇気があるな。その勇気に免じて決闘は1ヵ月後にしてやろう。」

「分かった。一ヵ月後ね。」

この後は特に何もなくお披露目会は終わり、僕の力を知っているお父さんは「グリム侯爵がかわいそうだが、この勝負に勝ったら報酬はすべてお前でいいからな。」と言ってきた。

「転生貴族のハーレムチート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 火野目 燐助

    おぅおぅ、決闘のルールがなかなかおもしれぇじゃねぇかぁ!(突然のキャラ変)

    1
  • ゼクト

    即刻じゃない場合はありますよ。
    手を抜いたときですけど。

    3
  • レッディー

    アインに勝負を挑む→即刻負ける

    5
  • ゼクト

    純粋キャラです。
    でも、自己紹介を入れておきました。

    2
  • ノベルバユーザー184952

    男爵の息子君は自己紹介すらしない主人公に対して「怪しい」とか「失礼だ」とかの負の感情を抱かないのでしょうか。純粋キャラ?

    1
コメントをもっと見る / 書く