転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】

ゼクト

魔物も強化

とりあえず、人間の騎士の志願者が来るまでに僕は今までに集めた魔物たちを活かそう。
一応彼らは、僕の作った高密度の魔力の漂っている、世界にいてもらったから、1ランクはあがってるんだけどね。

「きみたちには今以上に強くなってほしい。そして僕のために戦ってほしいんだがいいか?」

「ワカッタ。」

「シンカサセテクレタオンガエシスル。」

「はい。私たちの力もお使いください。」

この世界に来てからモンスターたちが言葉をしゃべれるようになってきて、もともとAランク級のモンスターだった奴らは、普通の人間くらいの言語能力を手に入れていた。

「ありがとう。それで君たちを強化したいのだが君たちを強化する方法は3つある。」

「三つもあるのですか?」

「ああ、1つ目は、この世界の魔力濃度をもっと上げる。この方法は最初のころのみんなにやっていれば耐えられずに死んでしまっていただろう。」

「何でEランク級にあわせた魔力で進化できたのですか?」

「モンスターのランクに合わせてそのモンスターの周りの魔力をコントロールしておいたからな。そして2つ目だが、普通に訓練をしてくれ。」

「それで進化するのですか?」

「いや、進化はしないがそれでも身体能力だけでなく技術を身に着けることによってもっと強くなることができるからな。」

「わかりした。それで、最後のひとつは何ですか?」

「最後のひとつだが、それは僕が作った進化の種を食べてもらうことだ。」

「進化の種?ですか。」

「ああ、僕が創造の力を使って作ったものなんだが、一人に付き一回しか使えないけどね。」

「それでもすごいですよ。モンスターの進化は本来難しいものなんですが、それを強制的に進化させるものを作るなんて。」

「ありがとう。今、魔法で全員に渡したから食べてみよう。僕も一個食べてみるけどね。」

「はい。それでは食べてみますね。」

そう言ったあと、みんなでいっせいに食べてみたら気を失ってしまったようだ。

「ああ、進化には体力を使うからみんな気を失ってしまったのか。でも、ここは安全だし僕も食べてみよ。」

そう言って、僕も食べてみて、みんなと同じように気を失ったようだ。

「転生貴族のハーレムチート生活【120万pv突破】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー286863

    さえさんは決断が随分早いようで。お前に批判する権利は無い。お前の考えを世間一般だと思うなバカが

    3
  • 火野目 燐助

    パクリパクリいってるやつはおそらく自分はこんなに色んな作品読んでるんだぞというアピールをしたいのかな。パクリでもなんでも面白ければいいじゃないか。

    3
  • ノベルバユーザー202100

    わかりしたってなってます

    2
  • ゼクト

    進化の実は変えました。
    進化の種にしましたが、これはコメントにてもらったものですので、パクリではないです。

    6
  • さえ

    もうこの小説はダメだな
    ついに進化の実まで使い始めた
    それも名前そのまま
    流石に題名に使われているものを名前そのままで使うのは終わってる
    せめて名前変えるとかしないと
    テンプレならパクリとはいう気ないけどこれは完全パクリだね

    2
コメントを書く