死神と呼ばれた殺し屋は異世界に

ユウ(ゲーム好き)

第35話 Aランク冒険者

「じゃあ、もう一度聞こう」

俺達は、ワイバーンの魔石の件について、ギルドマスターに呼び出されていた。

「これはなんだい?」

「ワイバーンの魔石です」

「どうやって手に入れた?」

「倒しました」

「……普通はEランク冒険者に倒せるような魔物じゃないんだが……」

「一生懸命攻撃しました」

「………買ったとかではなく?」

「倒しました」

「……普通はEランク冒険者に倒せるような魔物じゃないんだが……」

「一生懸命攻撃しました」

「………買ったとかではなく?」

「倒しました」

「……普通はEランク冒険者に倒せるような魔物じゃないんだが……」

「一生懸命攻撃しました」

「………本当に?」

「倒しました」

「……普通はEランク冒険者に倒せるような魔物じゃないんだが……」

「一生懸命攻撃しました」

繰り返される質問と返答に、アルジェントはもはや何やってるの?と問いたいような顔をしている。

実際、俺もこの繰り返しに飽きてきている。何回繰り返せば良いんだろう。緊張感とはまた違う空気がこの空間に流れていた。

「…………」

すると、途中でギルドマスターは黙ってしまった。顔を俯かせ、何か考え事をしているようだ。

こっちとしてはさっさとランクを上げたいところなんだが、どうしたんだろう。

「……とりあえず、ヤガミ ユウ、アルジェント・クレアーレ、君達二人をAランク冒険者と認めよう……」

「「……え?」」

Aランク?Cランクじゃなくてか?何かの間違いじゃないのか?

「Cランクではなく?」

そう聞いたのはアルジェントだった。すると、ギルドマスターは困ったかのような顔をして、話し始めた。

「……本当は異例なんだが、ワイバーンはAランク上位の魔物だ。オークキング、そして、コカトリスとワイバーンの連続狩猟、……こりゃAランク冒険者と認めざるを得ないからな」

……そこまでやらかしていたのか。

「とりあえずベルカント、ギルドカードをAランクに更新してくれ。」

「わ、分かりました。」

そして、俺達のギルドカードを渡すと、そそくさとこの部屋から出ていった。

「にしても、このスピードでAランクまでのぼったのは君達が初めてだよ」

「ありがとうございます」

「……ところで、君達は何者だい?」

「何者?」

「……いや、答えないのならいい。」

ガタッ

すると、ドアが開きベルカントさんが二枚のギルドカードを持ちながら入ってきた。

「更新、終了しました」

渡されたギルドカードは、薄い赤色になっていた。EというアルファベットもAに変わっていた。

「さて、では報酬金ですが、クエストの報酬金は5000ギル、ゴブリンの魔石で12000ギル、コカトリスの魔石で5000ギル、ワイバーンの魔石で20000ギル、合計して42000ギルです」

すると、金貨4枚と銀貨20枚を渡された。

「大した金額じゃないな。」

俺は思わずそう呟いた。命を賭けてまでやる職業に対して安いのではないかと思ったからだ。すると、ギルドマスターがあたふたし始めた。

「いや、大した金額だぞ。」

「命賭けてまでやる職業ですが?」

「まず1日1万稼げる職業なんてこの世界には冒険者以外となるとなかなかないぞ」

「……そうなると、宿に泊まるのって1泊でも大変じゃ」

「?安宿なら1泊銀貨3枚程度じゃないか」

「「え?」」

銀貨3枚?……じゃあ、俺達はその6倍の銀貨を奪われたってことか?

「とりあえず、今日はお疲れ、休んでくれ。」

それで、俺達はギルドマスターの部屋から出ることになった。


◆◇◆


歩いていると、売店の新聞に目がついた。新聞の見出しには、こう書かれていた。

『ステラ帝国、一晩で壊滅!』

その言葉が妙に気になった。俺は、その新聞を買い読み始めた。

『ステラ帝国は人間の大陸の中で、トップ5に入るほどの国土と人口の繁栄した国だった。
しかし、その国はある日、たった一晩で王が殺された。
どうやら、ステラ帝国は秘密裏にだが勇者召喚を成功したという噂があるらしい。
もしや、そのことを危惧した魔族による…………』

まだ記事は続いたが、俺はそれよりも勇者召喚という言葉が気になった。俺達以外にも勇者として召喚された人がいるのか。

……勇気、元気にしてるかな?……会って、どうでもいい会話を久しぶりに交わしてみたいな。

……いや、それよりもこの世界をどう生きるか、それが大切だな。

「ねぇ、ユウ」

すると、アルジェントは掲示板に貼ってある1枚の紙を指していた。その紙を見るとこう書かれていた。

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ 
━ ━ ━

・冒険者決闘大会

・冒険者の一番を決める戦いに参加しないか?一番になった者には賞品とSSSランク冒険者の資格を渡そう。


・出場条件

・SSランク以下の冒険者
・パーティーを組む場合最大4人


・勝負方法

・トーナメント戦


・優勝賞金

・SSSランク冒険者
・黒金貨1枚

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━
━ ━ ━

これは参加するか。俺がこの世界でどのくらい強いのか知りたいしな。

「アルジェント、参加するか?」

「うん」

俺達はいつの間にか笑顔になっていた。さて、場所は王都で1週間後か。じゃあ明日行くとして、今日の宿をとりに行くか。

叡知ウィズダム、近くの宿探して。

『分かりました』

……ここなら、裏路地を通ったほうが速いかな。

「じゃあアルジェント行くぞ」

「分かりました」

そして、裏路地を通って少しすると、声が聞こえた。

「……」

「……、………!」

上手く声が聞こえない。気づけば俺達は声がするほうへ向かっていた。


◆◇◆


「ちっ、なんでこんだけしか稼いでねぇんだよ!」

「ごめんなさい!でも、これ以上はさすがに怪しまれるし、今もばれるの覚悟で」

「口答えすんじゃねぇ!」

「ごめんなさい!」

「いいか、親がいなくなったお前を拾ったのは俺だ。だが、これ以上稼げねぇならもうお前は見捨てるぞ」

「それだけはどうか!」

……なるほど、あの男に脅されて旅人を騙していたってところか。すると、アルジェントが俺の服を掴んだ。

「どうした?」

「あの子がかわいそうです」

「……どうしたい?」

「助けたいです」

「……分かった」

正直言って、俺はどっちでもいい。でも、アルジェントは助けたいと言った。だから助ける。すると、男が腕を振り上げた。

俺はその腕が彼女に当たる前に掴んだ。

「な、なんなんだお前は!」

すると、その男が何者か分かった。

「お前、アロガンツか」

すると、腕をさらに強く掴んだ。

「子どもを使ってまで人を騙してお金を稼ぐとか、人間性どうかしてるのか?」

「んだよ!騙されるほうが悪いんだろ!」

だめだ、こいつとしゃべると頭が悪くなりそうだ。俺はアロガンツの腕を折った。

「うぎゃぁぁぁぁぁっ!」

「これ以上この子に関わるなら、お前を殺す。」

少し殺気を混ぜ言葉を発す。すると、アロガンツは何も言わずその場を慌てて去った。俺は振り返り手を出す。

「どうして助けたんですか?」

「彼女に聞いてくれ」

俺が指した方向からアルジェントが現れた。


「死神と呼ばれた殺し屋は異世界に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー232631

    48000ギルではなく42000ギルでは?

    0
コメントを書く