死神と呼ばれた殺し屋は異世界に

ユウ(ゲーム好き)

第33話 一難去ってまた一難

形状フォルムガン創造クリエイト

とりあえず、近接で戦う場合はあの毒が厄介だから、銃での中距離~遠距離を基本とした戦闘となる。

「スキル発動・隠密」

サイレンサーをつけてあるから銃声で隠密スキルが解除されることはない。そして、またコカトリスの後ろに回る。

後ろは振り返らないかぎり見えることはない。だから、基本後ろからのほうが攻撃は成功しやすい。俺の姿が見えなくなりあたふたしてるコカトリスを見ながら銃を構える。

しかし、あたふたして動いているため、狙いが定まらない。いや、一度落ち着こう。コカトリスには俺の姿が見えていない。

だから攻撃はされない。それにずっと飛んだままというわけでもないだろう。必ず休憩を挟みどこかで着地をするはずだ。

そして、その瞬間はすぐにきた。羽の動きが遅くなり、少しずつ高度が下がっていく。今なら狙える。ここで撃ち落とすか。

約4発程連射をする。すると、1、2発はコカトリスの体に当たったが、残りを避けられた。しかも、バランスこそ悪いが、撃ち落とすことはできなかった。

おそらく、さっきのようなチャンスを狙うのは難しいだろう。コカトリスの警戒心はかなり上がっている。その証拠に動きが大きくなっている。翻弄するつもりだろう。

この状態で撃ったとしても、無駄撃ちになるだけだろう。……武器を変えるか。

形状フォルム・AK-47・創造クリエイト

機動力を犠牲にするが、火力と連射能力、射程を上げる。とはいえ、いつもは拳銃のほうが携帯しやすく、十分な殺傷能力があるため、そっちをよく使っている。

実際、いつもは機動力重視で選んでいるからな。まぁある程度の距離からとなるとアサルトライフルやスナイパーライフルをよく使う。

まぁ、アサルトライフルだったら俺はAK-47をよく使う。理由としては俺はこの武器に慣れているからだ。元の世界でもよく使ったしな。

さて、どこから狙うか。一度木に隠れて、木と木の間から撃つか。

すると、コカトリスは周りに紫色の何かを口から出した。それはすぐに気化し、紫色の煙となりコカトリスの姿を隠した。

十中八九、この煙は毒だろう。しかし、毒ガスなら吸わなければいい。息を止め、毒ガスの中に突っ込む。

「ぐはっ!」

すると、さっきの毒よりも強い痛みが体を襲う。俺はすぐさま外へと出て自分の体を確認する。すると、さっきよりも紫色の毒が体を蝕んでいた。

減速時間Ⅳディセラレイトタイムクワドループル!」

すると、蝕むスピードが遅くなった。その隙にポーチから【状態異常解除ポーション】を取りだし飲む。すると、その蝕んでいた紫色の毒は何事もなかったかのように消えた。

何をしたかというと、自分の体内の時間を遅くしただけだ。

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ 

スキル・時【減速時間Ⅱ~Ⅴ】

効果・自分の体内の時間の流れを遅くする。

Ⅱ→1/2
Ⅲ→1/3
Ⅳ→1/4
Ⅴ→1/5

その代わり、解除した時、急速に行動速度が上昇する。
また、制限時間があり、それを過ぎたら強制的に解除され、急速に行動速度が上昇する。

Ⅱ→2分
Ⅲ→1分30秒
Ⅳ→1分
Ⅴ→30秒

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ 

一見すると、加速時間アクセルタイムのスキルのほうが強そうだが、減速時間ディセラレイトタイムで遅くなるのは体内の時間の流れ。

要するに、心臓や血液の流れるスピードが遅くなり、行動速度が遅くなるわけじゃない。また、さっきのように即効性の毒が体内に入っても、減速時間ディセラレイトタイムにより、毒の侵食スピードも遅くなる。

遅くなってない行動速度で、すぐに【状態異常解除ポーション】を飲んで治すことが可能だ。

しかし、中に入れないとコカトリスの具体的な位置、飛んでいるのかどうかも分からない。さっきので隠密スキルも解除されたし、木の影に身を隠しマップを狭めて、気配察知のスキルで見るか。

「フレイムボール」
「アイスボール」
「ストームボール」
「ロックボール」
「ライトニングボール」

すると、様々な色の球が木と木の間から現れ、コカトリスに高速で向かっていった。アルジェントの魔法同時発動のスキルだろう。

そして、紫色の毒ガスはその球にかき消され、コカトリスの姿が見えるようになった。

コカトリスは上手く避けていくが、少しずつ球の量が多くなり、逃げられる範囲も少なくなっていく。少しだが、被弾も増えていった。

俺は、コカトリスが球に注意が向いている間に横に周り照準を合わせ、射撃!コカトリスはいきなりの射撃に対応できず、まともにくらい血を流す。

そして、間髪入れずに連射する。たくさんの銃撃でコカトリスは更に血を流し地に落ちた。更に連射する。

コ、コケェェェェェェェェッッッ!

断末魔を上げながらコカトリスは動かなくなった。おそらくこれで死んだだろう。

さて、素材を剥ぎ取るか。

「アルジェント、素材剥ぎ取るぞ。」

「分かりました。」

そして、魔石を剥ぎ取り、皮や毛、肉などを剥ぎ取る。内臓はちょっと毒がありそうだからやめることにした。 

そして、剥ぎ取ったあとは水源の浄化だな。


◆◇◆


水源は、もはや毒の湖と化していた。全て紫色に染まっており、ボコボコと音を立てていた。よく見ると魚の死骸まで浮いていた。

速く浄化しないとな。袋の中からあの白いコインのようなものを、水源に向かって投げ入れる。そして、入った次の瞬間、光りだし魔方陣を発生させた。

すると、投げ入れた場所からきれいな水に浄化されていく。さらに何個も投げ入れると、水源は驚くほど光り輝き、たくさんの魔方陣が発生した。


◆◇◆


光はやがておさまり、水源は底が見えるほど澄んでいた。

「さて、クエスト終了っと。」

「じゃあ、戻りましょう!」

すると、急に空が暗くなった。大きな雲でも空にかかったか?そう思いながら空を見上げると、そこには雲などなかった。

緑色の外殻に覆われた体、そして、少し赤がかかったような翼、ワイバーンの姿がそこにはあった。

ワイバーンは俺達の目の前に着地した。

「スキル発動・隠密」

すぐさま、アルジェントの手を握り隠密で見えないようにする。そして、木の影に隠れる。

まだ持ってたAK-47で、ワイバーンに向かって連射する。しかし、さっきのコカトリスとは違いやはり外殻は堅く、ダメージが通るには通るが微妙だ。

なら、短剣だったら簡単に弾かれそうだな。手数でどれだけダメージを与えられるか、そのほうが良さそうだな。

形状フォルム双銃ダブルガン創造クリエイト

「……アルジェント、魔法での援護を頼む。」

「分かりました。」

俺はアルジェントが詠唱を始めたのを確認したら、アルジェントとは逆方向に向かう。そして、二丁の拳銃の引き金を同時にひく。

そして、少しだが血が噴き出した。やはりダメージは入っているのだろう。そうなると、一点突破を狙う感じで殺すとするか。

「死神と呼ばれた殺し屋は異世界に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く