死神と呼ばれた殺し屋は異世界に

ユウ(ゲーム好き)

第32話 コカトリスと毒

「さてと、ここが。」

「コカトリスの出る森。」

すでに気配察知のスキルは発動させてある。しかし、今回は魔物が群れを組んでいるようだ。たくさんの赤い丸が集まって動いていた。

せめて何がどんな魔物か分かればいいんだけどな。

『探したい魔物を念じれば分かりますよ。』

いやまさか、そんなことないだろ。そう思いながらコカトリスの言葉を頭の中に浮かべ念じる。すると、マップの1つの丸が青くなった。これが、コカトリスの場所?

『はい、そうです。』

マジかよ。もっと速く知りたかったわ。さて、じゃあ最短距離で向かうとするか。

「アルジェント、行くぞ。」

「分かりました。」

そして、俺達は走り始めた。


◆◇◆


すると、前方に魔物の群れを見つけた。隠密で通りすぎるという手もあるが、レベルも上げられるだろうしここは迎撃を選ぶか。

「アルジェント、手を出さないでくれ。」

「分かりました。」

形状フォルム短剣ダガー創造クリエイト

途中で弾切れが怖いからな。近接武器は攻撃を受ける確率が上がるが、弾切れとかの概念がないからな。見た感じ20体以上居そうだし。

さらに近づくと、群れの正体はゴブリンの群れということが分かった。ゴブリンは冒険者の武器や防具を剥ぎ取る習性があるらしく、駆け出しの冒険者はゴブリンによく注意をするらしい。

「スキル発動・隠密」

ゴブリンに姿を見られないようにして、群れに近づく。何も触れないように、音を立てぬよう近づく。隠密スキルは、自分から触れたものに対してはそのものも対象となる。

しかし、触れられた場合は隠密スキル自体が解除されてしまう。また、味方でも敵でも攻撃に当たった場合は解除される。また、大声を出した場合も隠密スキルが解除される。

誰にも見つからないというメリットの代わりに触れられた場合、または攻撃が当たった場合、または大声を出した場合、解除されてしまうデメリットも存在する。

こうして考えるとデメリットが30分の隠密に釣り合ってるのか分からんな。

そして、十分近づき後ろからゴブリンの首を斬る。鮮血が切り口から吹き出し、他のゴブリン達はパニックになり、綺麗に整った陣形がいとも容易く崩れた。

俺はその中でさらに何体か斬る。すると、パニックは大きくなり、死体から離れていく。しかし、ゴブリンは体が小さいため、足も短く速く走れない。

余裕で距離を詰め斬り殺していった。やがて、先程まで整った陣形で行動していたゴブリン達が居た場所が血だまりとなった。

「ふう。アルジェント、ゴブリンの魔石剥ぎ取るの手伝ってくれ。」

「分かりました。」

俺達はしばらくゴブリンの魔石回収をすることになった。時間を犠牲にしたが、その代わり金も経験値も稼げてラッキーだと思った。


◆◇◆


……目的の青い丸の近くまできた。コカトリスはその場から動いてなかった。おそらくそこを住み処としているのだろう。

しかも、そこは水源の近くであった。わざわざ水源を探さなくてもよくなったのはいいな。さて、コカトリスは毒を使うんだったな。

なら気づかれないようにまた隠密スキルで倒すか。なんか姿を隠して倒すのって暗殺者になった気分だな。
……殺し屋だけど。

「一応、魔法の準備をしといてくれ。」

「分かりました。」

……やっぱり慣れないな、その口調。でも、そのせいかアルジェントが大人っぽく見える。それに頼もしい。

「スキル発動・隠密」

俺は木の影から駆け出し、コカトリスにさらに近づく。コカトリスは雄鶏と蛇を合わせた姿と、伝説通りの姿だ。

体の色は、赤や緑、紫と色鮮やかで全身で危険と表すような色だった。俺はコカトリスの後ろに回って、ジャンプし、首に向かって短剣を向け刺す。

すると、赤が強い赤紫の血液が噴き出した。このまま深く刺していき斬ろうと思うと、短剣が紫色に染まりつつあることに気がついた。

なんだ?と思うとその紫が少しずつ上に上がっていることに気がついた。そのことに脳内が警報を鳴らしていた。

それと同時に、考えるより先に体が動いた。短剣から手を放し、コカトリスの体から飛び降りる。

自分の右手を見ると、皮膚の一部分が紫色になり、さらに周りへと侵食していた。叡知ウィズダム、速く
【状態異常解除ポーション】を出してくれ!

『分かりました。』

手の上に必要以上【状態異常解除ポーション】が乗ったが、気にしている必要はない。ポーションの栓を抜き、口の中に流し込む。

すると、紫色だった皮膚が一瞬で治った。……凄いなポーション。俺はまたポーションを戻した。にしてもわざわざ取り出すの面倒くさいな。

『なら、ストレージスペースから取り出せるベルトポーチでも出しましょうか?』

そんなんあるの?本当に叡知ウィズダムチートだな。

『今更ですか?』

……うん、そうだな。お前がチートなのは今更だったわ。とりあえず、そのポーチ出してくれる?

『分かりました。』

すると、空中の青いゲートから黒と青で彩られたベルトポーチが自動的に腰につけられた。これで手間は省けたかな。

コケェェェェェェェ!

すると、鶏の声が聞こえる。おそらくコカトリスの咆哮だろう。にしても、あの毒をくらっただけで隠密が解除されるのか。

とりあえず、刺さったままの短剣を解除するか。すると、苦しい痛みがきた。くそっ、短剣が毒にかかったから解除したら魔力として戻って俺が毒状態になるのか。

素早くポーチから【状態異常解除ポーション】を取りだし、飲む。空になったポーションを投げ捨て、一度距離をとる。そろそろだからな。

「ライトニングスピア!」

アルジェントの魔法、空が黒くなり、バチバチと不気味な音を立てている。

形状フォルムシールド創造クリエイト

現れた盾を掴み、自分の目の前に立てる。……この盾って魔法だけど雷通さないよな。……いや、変な想像はしないでおこう。

すると、天が光る。

ドンッ!

衝撃音とともに天から紫色の閃光がコカトリスへと一直線に降り注ごうとしていた。そういや、雷って距離で色や音が変わるって何かで見たな。

雷が降った場所を見ると、そこには抉れた地面しかなかった。コカトリスはどこにいった?

コケェェェェェェェ!

すると、声が聞こえた。その場所は………

空だ!

「鶏のくせに空を飛びやがって。」

鶏は空を飛ばないイメージがあるが、それは違う。鶏も飛ぶことは可能。飛べないのは人間が空を飛ばなくてもいい環境で鶏を飼ったからだ。

鶏の先祖と考えられている「セキショクヤケイ」を大昔の人が捕まえて飼うようになった。

狭いところで飼われるようになり、敵は人間が追っ払うようになり、餌も人間が食べさせてくれるため、太っていき、また飛ぶ必要もなくなっていった。

「セキショクヤケイ」は、もともと飛ぶことが苦手だったためますます飛ぶことが苦手になった。

一応、今の鶏も痩せていたら飛ぶことは可能らしいが、鶏が飛ぶのを見たのはこれが始めてだ。

さて、どうやって殺すか。

「死神と呼ばれた殺し屋は異世界に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く