死神と呼ばれた殺し屋は異世界に

ユウ(ゲーム好き)

第28話 守るために

とにかく走る。訳もわからず、どこに行くべきか分からない中、俺の目は色を失う。灰色の街を駆ける中、ノイズが紛れる。

ノイズとともにテレビに出る砂嵐のようなものが現れる。そんな中、一瞬ある景色が見える。黒い、大地?
その景色はすぐに元に戻る。

あの場所はなんだ?分からない、ただ行ける、俺なら行ける場所、脳がそう直感する。すると、目の前が折り畳まれるように黒くなる。

そして、次目が見えたときには視界が色づいていた。いつの間にか裏路地に来ていたみたいだ。俺はアルジェントを見るが、震えたままだ。

「おい、アルジェント、大丈夫か?」

「…………いで………。」

「アルジェント?」

「来ないで!」

すると、アルジェントは俺を押し出し、後ろに走っていく。俺はいきなりのことに頭がついていかず、思考がまた始まるのは10秒後だった。

「何なんだ?一体?」

何があったんだ?あのとき妙に怯えていたが。
………いや、俺が考えてもしょうがない。とりあえず追いかけ………。

「何で俺はアルジェントのためにここまでするんだ?」

不意にそんな考えが頭を過る。どうしてだ?
………この世界に来てから本当に変だよ、俺………

今まで、人のためにここまでしたことなんてあっただろうか。

今まで、普通に殺してきたのに、何で殺したあと心が痛くなるんだ?

今まで、人を殺すことに迷いなんて持ってなかった。

生きていくため、稼いでいくため、仕方ないと勝手に思っていた。

今まで何回引き金を引いた?その引き金で何人の人を殺した?なぜその道を選ぶことにした?なぜあのとき銃を奪った?

……あの日、縦に首を振ったとき、何を望んでいた?


◆◇◆


雨、雨、雨、冷たい雨が俺の頬に当たる。でも、感覚は感じるが、感情は感じない。頬を撫でる水滴以上に俺の心は冷えきっていた。

「ひっ、たっ!助けてくれ!か、金なら、いくらでも出す!だ、だからここは!」

俺の前にいる男はグリード・マジェスティー。有名な科学者の一族らしいが、彼は人体の研究の裏でウイルスの開発をしている男だ。

依頼人によると、そのウイルスは大量生産しやすい上に、ウイルスが発症した場合、数日で死に至るらしい。

そして、犯罪組織とのパイプを持っており、もしそのウイルスをその犯罪組織の手に渡ったら被害はどれ程になるか分からない。

しかし、彼は表の研究、人体の研究でも素晴らしい実績をあげており、そのことを言っても聞く耳を持たないだろう。

だから殺し屋に依頼した。実際どこまで本当のことかは分からない。依頼人は匿名のため聞くこともできない。しかし、本当の場合、ここで見逃してしまえば最悪の場合、対処ができない。

俺は銃口を向ける。蛇に睨まれた蛙のように怯えながら俺を見て恐怖した。そして、引き金を引いた。

銃弾は見事に眉間を撃ち抜いた。グリードは力なく倒れ、涙を流しながら死んだ。彼の下に血の沼ができた。

「大丈夫か?祐。」

「師匠。終わりましたか?」

師匠はある犯罪組織を殺すことになっていた。それがさっき殺したグリードとパイプを持っていた犯罪組織だ。

「ああ、大丈夫だ。」

すると、師匠は俺の手を見た。

「まだ、震えるか。」

「ええ。」

俺はあの日、初めて人を殺したあの日から銃を撃つと手が震えるようになった。おそらく精神的なものだろう。

「とりあえず、明日戻る。今日は宿に泊まるから速く来い。」

俺はマガジンを抜き、オートマチックのため充填された残りの1発を死体に向けて撃ち、ガンホルダーの中に入れた。


~~~


宿に行く途中、師匠は言った。

「すまない。」

「またですか。」

師匠は俺に殺しを教えてからよく謝るようになった。1日に何回も。……理由は、俺に殺しを教えて本当に良かったのか今も迷っているらしい。

「言ったでしょ、俺はこの道を選んだことに後悔はしていない。だから……もう謝らないでください。」

そう、俺は後悔などしていない。だが、何回も謝られると俺は本当にこの道を選んだことが本当は間違いだったのではないのかと錯覚してしまう。

師匠が俺にあの選択をしたのは理由がある。……師匠は捨て子だった。孤児院に連れていかれそこで幼少期を過ごしたが、そこで感じた、いや、襲われたのは恐怖だった。

親代わりの人が本当に見つかるのかという、孤独による恐怖。その恐怖は感じないと分からないようなどうしようもない恐怖。そして、師匠は親代わりの人が見つかった。

そして、師匠も殺し屋として育てられた、捨て子なら足はつきにくい、実に分かりやすい理由だ。そして、その何年も後、俺を見つけた。

師匠は迷っていた、普通なら孤児院に連れていくだろう。しかし、師匠は親代わりの人が見つからない恐怖を知っている、そのせいで孤児院に連れていくことに躊躇した。

しかし、師匠が引き取るにも教えられるようなことは殺しくらいしかない。この2つで迷い、そして、師匠は、

「……この弾丸を受けとれば君に殺しを教える。でも戻ることはできない。拒否すれば私があなたを孤児院に連れていく。どうする?」

選択を俺に任せた。しかし、師匠はそのことをずっと引きずっていた。私は考えることを放棄したのだと、引きずり、悩み、そして俺に謝るようになった。

「……祐、君は何で私についていこうと思った。」

俺が師匠についていった理由、俺が殺し屋になることを選んだ理由。

「俺は弱い。あのとき、俺が初めて人を殺したとき、死の恐怖とともに味わいました。」

声に抑揚をつけず、淡々と話す。

「初めて死にたくないと思いました。そのために必死になりました。……あのとき、どうして死にたくないと思ったかは分かりません。

でも、あの恐怖は味わいたくない。……自分の命を守るためにこの道を選びました。」

「それで、誰かに死の恐怖を与え、誰かを殺すことになったとしても?」

「……師匠、俺が失敗したときのこと、覚えてますよね。」

「あれは失敗ではない。祐はきちんと依頼を成功させた。」

「いえ、俺は失敗しました。」

俺は、ある戦場で敵軍の幹部を殺してほしいという依頼を受けた。しかし、一度狙撃に失敗した。それにより、隠れながらの銃撃戦を強いられた。

そこで1人の捨て子を見た。彼は銃声に驚きそこから逃げようとした。しかし、そこを撃たれた。俺は依頼を成功させたが、その後彼に近づいて気づいた。

俺は彼を殺されたくなかった。守りたかったのだと。

「自分勝手かもしれませんが、俺にも守りたいものはあったみたいです。だから、守りたいものを守るために今、俺は師匠についていってます。」

「私は守りたいものなどない。」

師匠はその一言で切り捨てようとした。

「なら、どうして俺に謝るのですか?」

「…………」

「師匠、あなたもそう思っていたのでは?」

「……そんなことはな……」

「いいえ、あります。だって師匠、あなたは、いつも

………大多数の人のためになる依頼ばっかりするじゃないですか。」

すると、師匠の頬に一筋の涙が流れた。


◆◇◆


そうだ、俺は守りたかったのだ、いつの間にか、俺はアルジェントのことを守りたいと、自分勝手だがそう思ったんだ。

「アルジェント!」

俺は一目散に走り出した。

「死神と呼ばれた殺し屋は異世界に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く