死神と呼ばれた殺し屋は異世界に

ユウ(ゲーム好き)

第27話 混乱

正直、その後のことは覚えていない。心ここにあらずの状態と言えば分かるだろう。気づけば俺は馬車の中に居た。金貨1枚を握りしめて。おそらく助けた報酬だろう。

叡知ウィズダム、この金、入れてくれ。

『分かりました。』

……最近、自分が分からない。異世界では楽に過ごせると思っていた。殺し屋というものから解放され、楽になれると思っていた。

俺は自分で選んだ道に嫌気がさしていた。血塗れで血は血で洗い流すような世界。初めて人を殺したとき、俺は生きづらくなると直感した。

自分からも他人からも、このことにより、俺は縛られ苦しめられる。だから、いっそこれを日常にしてしまえと、なげやりのように殺し屋の世界に浸った。

俺はどこかで知ってしまったのだろう、深く刻まれてしまった記憶はさらなる記憶で上書きするしかない。しかし結局日常にはならなかった。

殺したとき恐怖してしまったのはあのときだけ、あの記憶は深く刻まれたままだった。

「………ユウ……ユウ!」

はっとなったように前を向く。外を見るとどうやらもうついたようだ。俺達は馬車を降りる。馬車はギルドが料金を払っているらしい。

俺達はギルドに足を運んだ。


◆◇◆


ドアを開けると、ギルド内は静かになっていた。昼間の騒々しかった空間はもともとなかったかのように。
酒を飲んで騒いでた奴も今は静かにちびちび飲んでいる。

俺達は受付にいった。ベルカントさんも体を震わせていた。蛇に睨まれた蛙のように。

「えっと、オーク6体討伐してきました。」

「ひゃ、ひゃい!」

「……ひゃい?」

「き、きき、気にしないでください。それより、討伐確認のため魔石をお願いします。」

「分かりました。」

じゃあ叡知ウィズダム、オークの魔石6個お願い。

『分かりました。』

そして、青いゲートから6個の魔石が俺の手の上に乗った。

「「「「「「えっ!?」」」」」」

ベルカントさんや他の冒険者から驚きの声が上がる。

「あの、つかぬことを聞きますがどこから出しましたか?」

「?ただの空間魔法ですよ?どうしてそんなに驚くんですか?」

「え、うん、いや、何でもありません。」

本当皆どうしたんだ?そういや門番が空間魔法を使える人を初めて見たって言っていたな、そういうことか。

俺じゃなくて叡知ウィズダムだけど、でもそれ言ったら何人か売ってくれとか言われそうでめんどくさいから言わないことにする。一応誰の空間魔法かは言ってないし嘘もついてはいない。

「では、報酬金の800ギルです。あと、オークの魔石が600ギルのため、3600ギルになりますが換金しますか?」

「あ、6体以上倒したんでその分もできますか?」

「はい、大丈夫です。ではお出しください。」

じゃあ叡知ウィズダム、ミノタウロス以外の素材全部頼む。

『分かりました。』

そして、カウンターから溢れるほどの素材が青いゲートから降ってきた。

「「「「「「エエエエエエエェェェェ!」」」」」」

それと同時に驚きの声がギルド内に響き渡った。

「何ですか!いきなり!」

「ちょっとすいません。」

そういうとベルカントさんは魔石を穴が開くほど見始めた。何回も見返し呟いた言葉は、

「割れた魔石が1つもない。」

だった。……え、それだけ?確かに割れた分は捨ててきたからここには割れてない魔石しかないはずだけど。

「それに、オークジェネラルやオークキングの魔石もあるし。」

ガタンッ!
ガタガタ!
バタンッ!
ガンガンッ!

その瞬間何人かの冒険者が椅子から落ちたり倒れ出したり頭を壁に打ち始めた人が出てきた。オークジェネラルやオークキング?確かに時々2mくらいのオークも出てきたけどもしかしてそれか?

「これほどの魔石、集落1つ分くらいの量ですよ!」

「そんなに驚くな、実際集落1つ潰してきた。割れた魔石はそこにおいてきた。はい、あんたの疑問はこれですんだか?」

「信じられません、オークキングはBランクの魔物ですよ?」

「Bランク?魔物にもランクがあるのか?」

「はい。ギルドの基準で、オークキングはせいぜいBランクの冒険者が倒すような魔物ですよ。Eランク冒険者が倒したなんて聞いたことありません。」

まぁ実際倒したのはアルジェントの魔法だけどな。俺も最後は生き残りを殲滅していたが、でもそんなに強いのか?あいつ。

「えっと、とりあえず換金してもらえませんか?」

「わ、分かりました。」

そして、ベルカントさんは魔石を持ち、奥に運んでいった。


◆◇◆


「換金、終わりました。」

手のひらを出すと、その上に金貨7枚と銀貨10枚を渡された。そうなると、今日の儲けは金貨8枚と銀貨18枚か、結構儲かったな。

「あの、今日はありがとうございました。」

今日?ああ、あのナンパ野郎か。

「気にしないでください。」

そして、俺達はギルドから出ていった。


◆◇◆


「何なんだ?あいつ。」

「魔石を買ってきたっていうのは。」

「いや、わざわざ多く買う理由はない。それにそんな金あったらここにはこない。」

「どっかの傭兵か?」

「あの年齢でか?」

「20は越えてないと思うぞ。」

ギルド内では、ある青年の正体について議論をしていた。


◆◇◆


「じゃあ……宿……探す?」

「いや、その前に服屋だな。」

「どうして?」

「いやだってお前ずっとその服だろ?」

アルジェントは白を基調にしたワンピースを着ている。俺もずっと、黒のフード付きのコートだし、着替えを持った方がいい。

「分かった。」

すると、丁度服屋の前に来た、偶然というものはやっぱりあるんだなと思いながら俺達は入る。

「いらっしゃいませ。」

……久しぶりに聞いたなその言葉。そう思いながら、店内を見回す。少し店内を歩いてみるか。にしても、鮮やかな服が多いな、貴族でも来るのか?

「何かお探しでしょうか?」

すると、店員の女性が話しかけてきた。でもあまり選んでいるときは話しかけてほしくないからな。

「いえ、俺は大丈夫です。彼女の服を選んでくれませんか?」

女性なら女性が選ぶほうがいいだろう。

「分かりました。」

そういうとアルジェントを連れていった。さて、選ぶとするか。今と同じような奴がいいんだよな。あまり服では迷いたくない。

って、これ、全く同じだな。黒色のコート、これでいいや、にしてもこんな偶然あるのか、あとは下着とズボンは黒のデニムでいいや。

あとはインナーを適当に、

「キャァァァァァァ!」

悲鳴!それにあの声は、さっきの店員……、急いで行かないと、そう脳が警告を促している。叡知ウィズダム、さっきの声の方向を!

『分かりました、マスター。』

すると、頭の中に行くべき方向が浮かぶ。その方向へ駆けていく。すると、そこには耳を隠すように塞ぐアルジェントと悲鳴をあげそのアルジェントを指差す、さっきの店員がいた。

「あんた!何エルフをつれてきてるの!」

その言葉と状況に頭の中はこれ以上ないというほど混乱している。

「速く!速く連れていって!お金なんていらないから!自由に持ってっていいから!速く!」

俺はアルジェントの手とその近くに落ちている服を掴みその場から逃げるようにその店を出た。

「死神と呼ばれた殺し屋は異世界に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く