死神と呼ばれた殺し屋は異世界に

ユウ(ゲーム好き)

第24話 冒険者登録

「見えた。」

「やっと……一段落。」

やっと、街の門が見えた。王国を出て3日か。
まぁ予定通りだな。一応この街はあの王国の領地外だから安心だな。

さて、じゃあ入るとしよう。すると、門の前に鉄のような鎧を着けている男が二人いた。おそらく門番だろう。

「すみません、入国したいんですけど。」

「そうか、なら身分証はあるか?ギルドカードでもいいが。」

「すみません、魔物に追われているとき落としてしまって。」

「そうか、じゃあ1000ギルで仮身分証発行してやるが。」

ギル?この世界のお金の単位か。叡知ウィズダム、教えてくれ。

『分かりました。』

すると、目の前に白いボードが現れた。

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ 

1ギル=鉄貨1枚
10ギル=銅貨1枚
100ギル=銀貨1枚
10000ギル=金貨1枚
1000000ギル=白金貨1枚
100000000ギル=黒金貨1枚
1000000000000ギル=神金貨1枚

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

……神金貨なんて持ってる人いるのか?

『存在はしますが、お伽噺の中の存在と言われています。私も実在することは知っていますが、実物は見たことありません。』

叡知ウィズダムでも見たことないのか。
  
「魔石で大丈夫ですか?」

「何の魔石だ?」

「ブラックウルフの魔石なんですが。」

「1つで500ギルだから2つだな。」

叡知ウィズダム、ブラックウルフの魔石2つを頼む。すると、空中に青いゲートが現れた。そして、ぴったり2つ落とした。

「はい、2つ。」

「……今、どこから出した?」

「?空間魔法ですが?」

「……空間魔法なんて特殊魔法じゃねぇか。初めて見たぜ。」

「あの。」

「悪い。……これが仮身分証だ。あと、これは一週間しか役に立たない。」

「分かった。ありがとう。」

身分証は茶色い手のひらくらいのカードだ。それを貰い、門を踏み越える。

「……大丈夫か。アルジェント。」

「うん。……大丈夫。」

さっき話していた時も、アルジェントは震えていた。
やっぱり怖いのか。……俺と話すときも震えは少し収まってきたが、片言のままだ。

「安心しろ。俺は裏切らない。」

「……うん、ありがと。」

笑顔を見せた。太陽で輝く銀髪がとても綺麗だった。

「これから……どうする?」

「とりあえず、ギルドに行くか。まずはお金がないと服は買えない。飯が食えない。宿に泊まれない。このままだと生活最低限のことができないからな。」

「分かった。」

ギルドの場所は叡知ウィズダムで、すでに調べているから大丈夫。石畳を歩きながら周りを見回す。王国ほどではないがそれなりに賑やかだな。

街は中世のヨーロッパみたいな感じだ。
すると、剣が二本クロスさせた看板があった。おそらくギルドの看板だろう。場所も合っている。

「じゃあ入るけど、いいか?」

「大丈夫……でも……いざとなったら……守って。」

「何を今さら。」

そして、ギルドのドアを開ける。中は思ったより清潔だった。植物も飾られ、綺麗な建物になっている。
さて、受付に行くか。

でも結構並んでいるな。行列に並ぶのは苦手だが、今から並び直すのはそれはそれでめんどくさいし我慢するか。


◆◇◆


「えっと。冒険者登録ってここですか?」

「はい、お二人ですか。」

「ええ。」

やっと俺達の番か、かれこれ30分くらい並んだな。行列はこれだから嫌いだ。並んでいる間、暇すぎる。
でも、長かったな、前には10人くらいしか並んでないと思ったが。

まぁいい。ただ、受付の人、不機嫌そうだな。火に油とか注がないように気をつけよう。でも美人だな。
茶髪のポニーテールに、鋭い目。

「それではこちらに名前を書いてください。」

この世界と元の世界ではもちろん字が違う。言語理解のEXスキルのお陰で問題はないが、やはり違和感があることは否めない。

「ありがとうございます。それではギルドカードを発行します。」

「ありがとうございます。」

ギルドカードは茶色のカードだ。すると、ギルドカードにEと書かれていることに気づいた。この世界にもアルファベットはあるのか?

「ギルドについての説明は?」

「お願いします。」

「ギルドではクエストをクリアすることでランクが上がります。
ランクは一番上がSSSそこから、SS・S・A・B・C・D・Eの8段階あります。
あなた達は今Eランクです。
では次、クエストについて説明します。
クエストは受付の隣のクエストボードから受注してください。クエストはランク別に分かれていて、ランクと同じ、その1つ下のランクまでのクエストしか受けられません。」

「そうしないと、皆下のランクばっかり受けるからな。」

「その通りです。説明は以上です、質問等はございますか?」

「いえ、ありませ、いや1つだけ。」

「……何でしょう。」

うわっさらに不機嫌にさせちゃったかも。

「なんで受付は君しかいないんだ?それで上手く回るのか?」

「そんなことですか、今日は私しかできないだけです。いつもなら5人います。」

「そうか、すまな……」

すると、ギルドのドアが勢い良く開かれた。それと共に大きい音が鳴り響く。外から大柄で日に焼けた斧を持つ男が現れる。

「雑魚共は退けよ!Bランク冒険者のアロガンツ様のお通りだ!」

「おいおい、アロガンツだぜ。」

「ちっあいつ、横取りで有名だぜ。」

「ああ、俺もやられた。あとちょっとで倒せるってところで奪っていく。」

「あいつのせいで、俺達のチャンスまで……」

小声で悪口が聞こえる。結構悪いことやってんな。
……俺が言うのは筋違いか。

「おら!退けよ!」

すると、俺を突き飛ばし、列に横入りする。俺はいきなりのことに尻餅をついた。

「ベルカントちゃんよ、そろそろ俺の女になれよ。」

「お断りさせて頂きます。」

なるほど。確かに彼女は美人だしな。しかし、今までで類を見ないほど不機嫌だぞ、ベルカントさん。
まぁ俺がなんとかする義理はないし、クエストでも選んでおくか。

一番報酬金の高いやつにするとして。これなんていいかな。

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

クエスト・狩猟 【オーク6体の討伐】

オークが繁殖するために村を襲ってきてる。そのため、オークを倒して欲しい。

・報酬金800ギル

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

これでいいか。宿に泊まれるかな?まぁミノタウロスの魔石も持ってるし、いざとなったらそれを売っておこう。

「アルジェント、これでいいか?」
「うん……大丈夫……。」
「じゃ、受注するか。」

そして、アロガンツの後ろに並ぶ、皆並ばなくなったし、運がいいかな。

「俺はいずれSランクにもなれるぜ。Sランクと結婚できたらラッキーだと思わないか!」

「一切思いません。いいから諦めてください。」

ああ、長くなりそうだな。たくっ

「いい加減にしろよ!俺はさっさとクエスト受注してクリアして金もらって宿とったりなんだったりで時間が惜しいんだよ!ナンパならどっかでやってくれ!人様に迷惑かけやがって!」

「死神と呼ばれた殺し屋は異世界に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー146543

    なんで通貨が御伽噺www
    使えないってことやんwww
    ここのボケは面白かったです!

    0
コメントを書く