死神と呼ばれた殺し屋は異世界に

ユウ(ゲーム好き)

第13話 狂戦士

「いいか、手加減するんじゃねえぞ。」

「ああ。」

須賀原の武器はメリケンか。どちらも近接武器、つまり必然的にリーチやスピードでより多く攻撃できるかが問題となる。

しかし、リーチはメリケンと短剣で特に差はない。つまりスピードでの手数が問題だ。

「では開始!」

すると、須賀原は大声を放つ。

「スキル発動・狂戦士バーサーカー!」

危険を本能で感じる。速く処理しなければ大変なことになると。懐から短剣を取りだし素早く距離を詰めるが、途中で風圧に邪魔される。

どうやら須賀原の周りに強い風が吹いている。よく見ると須賀原が立つ大地はひびが入っている。すると、さらに強い風が俺を吹き飛ばそうとする。須賀原の体は少し赤黒く、蒸気を噴き上げている。

一歩踏み込む。来る!と思った瞬間地面にひびが入るほど蹴りあげ、俺の前に来る。これが一歩で進む距離か!?短剣で斬ろうとすると、拳で短剣を殴られ、破壊された。

そして、俺を殴ろうとする。繰り出した右手の拳を左手で捌き、腹パンを繰り出す。しかし硬い。そして、須賀原は後ろに退く。

おそらくさっきのスキルは、ステータスの大幅強化といったどころか。そして、短剣を破壊された俺は、
武器創造のスキルで造るとその隙を突かれるだろう。
拳で戦う。

構え距離を詰める。須賀原も同じことを考えていたのか距離を詰める。俺は拳を開き、須賀原の両腕を掴む。外側に開いたあと、地面を蹴りあげ顎を蹴る。
顔が上に向き、俺はその隙を突き右ストレートの腹パンを繰り出す。

「グッ!」

呻き声をあげながら、吹き飛ばされる。よく見ると、口から血を流している。さっきの攻撃で口の中でも切ったのだろう。

この調子で追撃をくらわそうとまた距離を詰める。
すると、気づかぬうちに俺のすぐ横には拳が迫っていた。

気づいたときには顔を殴られ吹き飛ばされる。腕を地につけ体勢を立て直す。かなり痛い。メリケンで拳の威力が上がっている。前を向きまた距離を詰める。今度は拳が前から来る。俺も合わせるように拳を繰り出す。

拳同士がぶつかる。痛い。拳から血はどのくらい吹き出しただろうか。だが、気にしてる状況ではない。左手の拳も繰り出す。すると、腹を殴られる。呻き声が喉元までくるが、ぐっとこらえる。

あとはもう退かない。ラッシュで押し切る。右手の拳を繰り出したら、拳を退くと同時に左手の拳を繰り出す。しかし、須賀原も同じことを考えていたようだ。須賀原もラッシュを繰り出す。

当てると避けると捌くと当たる。この繰り返し。
やはり、攻撃は当てているが、須賀原の拳が重く痛い。近接同士だからこその戦闘だな。攻撃を当てやすいが同時に攻撃が当たりやすい。

「グハッ」

須賀原の腹パンが見事にクリティカルヒットする。
これ以上は押し切る前にこっちが潰れる可能性がある。アッパーを繰り出し足で須賀原の腹を蹴る。
吹き飛んだ須賀原の体に近づきさらに、攻撃を与えようとする。

しかし、須賀原も攻撃しようとする。だが防いだらチャンスはない。これはどちらが耐えられるか。俺の右ストレートのパンチが須賀原の頬に当たる。と、同時に俺の脇腹にパンチが当たった。それと同時に気を失う。


◆◇◆


目が覚めたとき、目の前には見知らぬ白い天井があった。どこだここ?そう思うと隣から声が聞こえた。

「起きたか、佑。」

隣はカーテンで仕切られてるが、声で分かる。須賀原だ。

「ここはどこだ?」

「医務室だとよ。どうやら俺達同時に倒れたらしくてな。まさか、勝負の結果が引き分けとはな。」

引き分け、だったのか。勝ちたかったのかと聞かれれば勝ちたいとは思った。だから正直悔しさの感情はある。

「……おい、佑。」

「なんだ?」

「これで終わりと思うなよ。」

「は?」

「俺達は、絶対にもう一度勝負して決着をつける!
約束だからな!」

「……ああ。」

そうだな。このまま終わってもすっきりしない。絶対に決着はつける。

「……なぁ。」

「なんだ?」

「なんで俺に絡むんだ?いつも。」

「……最初はただのむかつきの感情だったんだ。」

「雪華と仲良かったから?」

「……それもだな。あと態度だったり色々。」

散々な言われようだな。

「けど、お前なんか隠してそうでよ、それを知りたいって思った気持ちもあるな。」

隠しているか。

「う~ん、でも上手く言えねぇな。」

「いや、分かったから良い。」

コンコン

ドアをノックする音が聞こえる。

「大丈夫か?二人とも。」

「ミステリア団長。」

「大丈夫ならこんなところにいねぇよ。」

「その減らず口は元気そうだな。」

「で、何の用ですか?」

「いや、ただの連絡だ。」

「連絡?」

「ああ、1ヶ月後、近くの迷宮攻略に行くからな。」

ああ、迷宮ね。異世界でよくあるパターンか。

「連絡は以上だ。しっかり直せよ。」






「死神と呼ばれた殺し屋は異世界に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く