死神と呼ばれた殺し屋は異世界に

ユウ(ゲーム好き)

第7話 勝負

「おい、てめえなんつった!?」

しまった、心の中に秘めとくつもりだったが言ってしまった。怒気をはらんだ声に体が少し震える。すると、ジモンは俺の胸ぐらを掴む。

「てめえも俺に文句があるのか!」

やばい、すげえむかつく。文句?結構あるな。そもそも何でこんな奴の言うことなんて聞いてたんだろ。こんな奴殺したい奴なんて腐るほどいるだろうしな。もう殺そうかな。

「腐るほど文句あるぜ。」

笑いながら正直に言う。こんな奴に馬鹿正直に付き合ってられない。

「んなら勝負するか?」

「勝負?」

「ああ、タイマンだ。武器を持って当てた方の勝ちだ。」

タイマンか。武器の扱いなら慣れてる。当てるだけなら隙を見て攻撃する。十分に勝機がある。

「オーケーやろう。武器は自由だよな。」

「ああ、ちなみに俺はこれだ。」

すると、ジモンは身の丈ほどある装飾された両手剣を取り出した。かなりのリーチだ。当てれば良いのだから範囲の大きい大剣を使うのは理にかなっている。

「で、俺の武器は?」

「武器庫から持ってこい。」

武器庫か。拳銃とかないかな。入ると、

「……埃っぽいな。」

埃が舞う中から武器を探す。しかし、拳銃どころか火縄銃も見つからない。この武器庫には無いのかそれともそこまで文明が発達してないのか。仕方なく扱いに慣れている短剣を使う。

「さて、準備はいいな。」

俺は短剣を構える。

「ああ。」

「じゃあ行くぜ!」

ジモンは突進して両手剣を振り下ろす。俺は右に避ける。そして、首に向かって斬りかかる。が、思わぬスピードでジモンは両手剣を横に振る。俺は地に伏して両手剣を避ける。

両手剣は重く動きが遅いイメージがあったがどうやら偏見だったようだ。一度退き体勢を立て直す。しかし突っ込むと両手剣にやられる。狙うのは相手が攻めたときの隙、カウンターだ。

でも、さっきと同じような手で攻撃はしてこないだろう。神経を張りつめる。すると、ジモンは両手剣を斜めに下げ走り出す。俺は剣とは逆の方向に避ける。

すると、繋げるように振り上がった剣を勢いよく振り下ろす。このスピードじゃ避けきれない。短剣で両手剣を捌くが。

パキンッ!

折れた。いや、そもそも綺麗に装飾された強そうな剣にただの鉄の短剣が太刀打ちできるはずがない。勝ち誇ったように笑い剣を振り下ろす。

パンッ!

「危なかった。」

真剣白刃取り、元の世界、殺し屋として未熟で、殺しに失敗して反撃されたとき、身につけた技。
しかしあの時は日本刀だったが、今は両手剣、完全に防げそうにない。

せめて拳銃があれば、いや武器があれば、この手に武器を!

《スキル武器創造を使用しますか?Yes/No》

すると、目の前に白いボードが現れる。そういえばそんなスキルあったな。

「Yes」

静かに答える。

《武器の種類は?》

拳銃、いや防ぐなら剣、できるだけ軽い、やっぱり短剣が欲しい。元の世界と同じくらいの。

「短剣」

静かに答える。

《「形状フォルム短剣ダガー創造クリエイト」と唱えてください。》

形状フォルム短剣ダガー創造クリエイト

すると、右手が光る。何か持っている。ジモンが動揺したその隙をつき左手を離し右腕を勢いよく振り下ろそうとすると、

「双方、勝負を止めろ!」

訓練場に声が響く。すると、光は消えた。声の方向を見ると、金髪の女騎士が立っていた。

「ミ、ミステリア様!」

「ジモン、これはどういうことだ。」

「貴女様もなぜここに、第0騎士団はワイバーン討伐に向かったはずでは。」

「なんとか誰も死なせず勝てたよ。勇者を召喚したと聞き来てみた。しかしまさかこんな子供達に大事を任せるとは。」

「A級冒険者10人は必要といわれたワイバーン討伐を完了させたとはさすが……」

「私はそんなことは聞いてない。」

やっぱり上がいたか。騎士団の説明の時、今、城の中にと言ったとき妙な言い方だと思ったが、やはり騎士団は第1~第5までではなかったか。

「いえ、単なる訓練を、」

「訓練だと?見てみたがお前の剣は特注品だろ、それで訓練用の短剣が敵うわけがない。どうみても虐待にしか見えないがな。」

「いえ、しかし、」

「この件については王に報告させてもらう。」

「な!」

「当然だ、ジモンにも来てもらう。そしてそこの勇者もな。」

「死神と呼ばれた殺し屋は異世界に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • Leiren Storathijs

    くっ......チートさ足りない。この先にあるのかな?

    0
コメントを書く