死神と呼ばれた殺し屋は異世界に

ユウ(ゲーム好き)

第4話 死神のローブ

10人目、翔太の番だ。

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

朝原 翔太

・職業 侍
・種族 人間
・Lv.1

・HP 270
・MP 160
・攻撃力 220
・防御力 150
・魔法攻撃力 100
・魔法防御力 60
・素早さ 110

《魔法適性》

・風

《スキル》

・体術 Lv.6
・剣術 Lv.3
・刀術 Lv.3
・算術 Lv.2
・風魔法 Lv.1

《EXスキル》

・言語理解

《称号》

・異世界人

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

この世界にも侍なんてあるのか。そういえば、あいつ中学まで剣道をやっていたって言っていたな。俺も、大体の武器は使えるようにされたけど。次は恵の番か。

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

坂原 恵

・職業 火拳闘士
・種族 人間
・Lv.1

・HP 220
・MP 190
・攻撃力 150
・防御力 75
・魔法攻撃力 150
・魔法防御力 75
・素早さ 120

《魔法適性》

・火

《スキル》

・体術 Lv.4
・拳闘術 Lv.4
・算術 Lv.5
・火魔法 Lv.1

《EXスキル》

・言語理解

《称号》

・異世界人

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

にしても、誰も俺を超えてくれないな。なんかなんとなく心配してくるんだが。そもそも、このステータスの称号で元の世界の職業ばれるし。

「あの、あなたが最後なんですけど。」

すると、どうやら俺以外の全員が確認できたらしい。
渋々前に進むと、白いボードが現れた。

《スキル死神・死神のローブが解放されました。発動しますか?Yes/No》

どんなスキルだ?とりあえず発動しておくか。Yesを押すとその白いボードはある一言を残して消えた。

《スキル死神・死神のローブを発動。スキルレベルアップ。発動スキル追加。》

「どうしたんですか?速くしてください。」

「す、すみません。」

声が怒っているように聞こえ、反射的に謝る。すぐさま手をかざした。

「な、何ですか?これは。」

俺達は表示されたステータスに開いた口がふさがらなかった。

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

夜神 佑

・職業 \Δ▼!Ω
・種族 №∮◎♯〒
・Lv.$¥~

・HP ^"_
・MP !\/)[
・攻撃力 #;◆◇
・防御力 …◆▼━
・魔法攻撃力 Δξπ
・魔法防御力 ΣΩ…◇
・素早さ ◇◆ξΣΣ

《魔法適性》

・ΣπΩ[_▼~#\/^

《スキル》

・πΩ!◆

《EXスキル》

・^《◇◆◆…》━[!Δ

《称号》

・__▼[#Ω^\#_

━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

やばい、完全に文字化けしてやがる。これが死神のベールの効果か。

「あのこれはどういうことですか?」

手をあげたのは御剣だ。

「分かりません、そもそもこの水晶は偽装や隠蔽などのスキルの影響を受けることはないのですが。」

いや、そうなるとこのスキルちょっとやばすぎる気しかしないのだが?だ、大丈夫だよな。

「と、とりあえずこの件は一度保留にしたいと思います。」

えっと、特に問題はないのか?まぁそれならいっか。
ステータス確認が終わった俺達は解散となった。


◆◇◆


解散した俺達は、用意された個室に向かった。長い廊下を歩いて、ドアを開けた。すると、1人の女性が立っていた。

「どちらさまでしょうか?」

「初めまして、夜神 佑 様。私はヴェール。あなたのメイドの役割を任されました。」

ヴェールは森を思わせるような深緑の髪色に、エメラルドを思わせるような碧眼のどこに出しても恥ずかしくないような美人だ。

「メイド、俺達の使用人って感じか?」

「はい、様々な質問やスケジュールの把握など魔王討伐の補佐として活躍させていただきます。」

なるほどね。

「じゃあ1つ聞きたいんだけど。」

「死神と呼ばれた殺し屋は異世界に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 氷祭り

    話しの流れも今のところOK

    2
コメントを書く