死神と呼ばれた殺し屋は異世界に

ユウ(ゲーム好き)

第1話 殺し屋の高校生活

御天高校、俺の通ってる学校の名だ。2年D組の教室のドアを開け、窓側の一番後ろの席に座る。俺にとって最も素晴らしい席だ。この高校にいる間、俺は普通になれる。無論誰も俺が殺し屋ということは知らない。

が、俺はよく敵意丸出しの目で見られる。このクラスのアイドル的存在と仲がいいからかよく絡まれる。俺が良く話せるような友達は3人しかいない。

「よお佑、昨日何やってた?」

彼は朝原 翔太あさはら しょうた。俺の数少ない友人だ。スポーツ万能だが、成績は普通。いや、英語と歴史は赤点ギリギリを保っている。とはいえ、テスト期間も堂々とスポーツやゲームをやっている。

まぁ俺もそんな感じだから別に気にしないが、ゲームではMMORPGとかで一緒にやってるし。

「お前は?」

「部活の練習に付き合わされた。しかも連続で4つの運動部だぜ、朝から晩までもうヘトヘトだ。」

「御愁傷様、俺はゲームかな。というか、筋肉痛にならなかったのか?」

「なってないけど?」

「お前、本当に化け物だな。」

殺し屋として培ったスキルで俺も運動は得意だ。でも、翔太は俺より基礎体力が高い。戦闘では俺より劣るだろうが、マラソンとかなら翔太のほうが勝つだろう。下手な国なら傭兵として雇ってもらえるだろう。

「だ~れだ!」

すると、後ろから目隠しをしてきた。

「俺にそれをやるのはお前だけだ、めぐみ。」

坂原 恵さかはら めぐみは、褐色肌に金髪と見た目からして完全なギャルだ。しかし、その見た目とは裏腹に、英語なら90点は軽く超え、他の教科も良くできる、天才ギャルだ。

その成績で、素行も悪くない。本当にギャルなのかと疑いたくなる、クラスの人気者だ。化粧も派手ではなくむしろ地味な方だろう。ちなみに、翔太の恋人だ。ところで、よく俺にちょっかいをかけてくるのはなぜなのだろうか。

疑問には思うが、聞いたことはない。

「おはよう、3人とも。」

美しい声がクラスに響く。こんな声を持つ人はクラスに1人しかいない。クラスのアイドル的存在、天川 雪華あまかわ せつかだ。黒い長髪に整った顔、スタイルも良く、芸能界にスカウトされたこともあるそうだ。

その美しさからファンも多く、ファンクラブなんてものもあるらしい。学校一の美少女と言われており、それに関しては俺も同感だ。まぁ、そんな人と関わってたら敵意丸出しの目で見られるか。

俺がなんでそんな人と仲良くなったかというと、あることで俺が助けたからだ。俺はそんな大したことはしてないが。

そして、朝の時間が終わる。一時間目は美術でクラス移動だ3人とももう行ったからな、用意をして移動しようとすると、後ろから肩を掴まれた。

「誰だ。」

後ろを見ると、クラス1がらが悪い金髪、須賀原 竜也すがはら りゅうやが立っていた。

「あのさ、そろそろ雪華と一緒に居るのやめろよ、お前の隣なんてつりあわねぇしただむかつくだけなんだよ。なんで雪華がお前なんかと話すんだよ。」

「知らねえ。俺じゃなくあいつに聞けよ、それともそんなことも聞くことができないのか?」

「てめぇ!」

すると、腕を振り上げた。とはいえ俺なら躱すどころか反撃で腕を壊すこともできる。すると、声が響いた。

「やめたまえ!」

こんな状況で声を放てるのは1人しかいない。クラス委員の御剣 光生みつるぎ こうせいだ。クラス1のイケメンと言われている、イケメンは滅べばいい。

「二人とも喧嘩をやめろ。」

いや、こいつはただ状況判断できないだけだ、さっき俺が一方的にやられただけだろ。まぁこいつも俺に対してはいい気はしてないだろうが。

「あっ!生意気な奴をしめてるだけだ。お前もこいつに対していい気してねぇだろ!」

「まぁな、飄々としてよく居眠りして、それでも俺より頭がいいし、むかつく部分もあるよ。」

おいそれ、よく本人の前で言えんな。はぁなんかめんどくせぇ。

「でも、人を殴っていい理由なんてどこにもない!」

確かにな、綺麗事だが納得できる。まぁ殺し屋の俺が言うのもなんだが、俺はその場から立ち去り、美術室へと急いだ。









「死神と呼ばれた殺し屋は異世界に」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 氷祭り

    キャラ設定いいネ

    2
コメントを書く