神話伝説最強の英雄

きのっちツリー

エピローグ

        


      
       第0話エピローグ

ーーーーーーーー3千年前ーーーーーーーーー

???『グガアアアアア』    

     

「うるせぇ~」という一声で何十億もの命が一瞬で消えたのだこれが【神話の始まり】であり神話伝説最強の英雄の誕生である
 





~~~~~~~~~現代~~~~~~~~~~

???「くわぁ~~」

???「もう!また夜更かし?どうせ遅くまでゲームでもしてたんでしょ空!」

空「うるせぇーな美空俺はそんなオタクじゃねーよ勉強だよ勉強!」

美空「またそんなこと言って前のテストだって散々だったじゃない!」

空「う、うるせぇーあれはテストが悪いんだよ、俺は悪くねー!」

こんな二人の会話をクラスの人たちが仲むつまじく見ている中でとても悪意と殺意を持った目で見ている人がいるのを空以外知るよしもなかった。
いつもどおりの日常が続くとこの時皆そう思ていた空でさえもそれは疑がっておらずすぐそばまで危機が迫っているとはまだ誰も知らなかった。


すると突如教室が白く光出した。

空(まずい、これは勇者転移の魔方陣だ!しかもかなり大規模だ、クラス全員転移させる気か!)
「美空!早く教室から出ろ 」

美空「うぇ?ええ何!?キャッ!」 

こうして1クラス30人が教室から姿を消した。

「神話伝説最強の英雄」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く