話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

東方龍人譚 ~龍神を統べる少年~

ko-suke

28話 皆ノ強サトグローグノ変化




魔理沙「マスタースパーク!」

サキュ「くっ!こんな、もの!」バッ

霊夢「けさせるとでも思った?」シュバババッ

サキュ「な、からだ、が・・・きゃぁぁぁぁっ!」ドゴー…ン

サキュ「」ドサッ


パチェ「咲夜、行くわよ!」

咲夜「はい!パチュリー様!」

ヤーム「お腹減ったなぁ・・・。」

パチェ「サイレントセレナ!」

ヤーム「こんなもの・・・。」

咲夜「プライベートスクウェア。」キ…ン

咲夜「メイド秘技 殺人ドール×2」

咲夜「チェックメイト」キュインッ

ヤーム「な、なにこ、ガアアァァァッ!」

ヤーム「」ドサッ

グローグ「・・・ちっ。四天王がこのザマかよ。」

霊夢「あんたが思っているほど、私たちはヤワじゃないからね。」

魔理沙「私たちが1つになれば、負けることは無いんだぜ。」

パチェ「出来れば、早めに終わらせたいわね。」

咲夜「そうですね。お嬢様達じょうさまたちの夕ご飯には間に合わせましょう。」

グローグ「舐めやがって・・・!」

レミィ「あら、どこを見ているのかしら?」ブンッ

フラン「あなたの相手は私たちでしょ?もっと楽しませてよ。」ビュンッ

グローグ「ち・・・。うざってぇ。仕方ない、力を解放するか・・・。」

そう言うと、グローグは全身に力を込め始めた。

フラン「何をしているのか分からないけど、動かないならこっちから行くよ!」

フランはレーヴァテインを振りかざした。



ギイン!

フラン「え・・・!?」

レーヴァテインがね返された。

グローグ「が・・・が・・・ゴガアァァ!」メリメリメリ

ゴード「なんだ、この力・・・!?」

ゴードはその力に驚いていた。なぜ驚いたか。それは、ほかの人には絶対に分からない力。




〝力を失う前のゴードと同じ力〟を感じたから。

グローグ「グオォォォ・・・。」

霊夢「な・・・な・・・あれは・・・!」

魔理沙「ど、ドラゴン・・・!?」

ゴード「・・・死神龍しにがみりゅう リパード・・・!」

咲夜「し、死神龍?」
 
ゴード「俺の中の龍と、かつて対をなしていた龍です。教えてもらいました。その昔、世界をほろぼして俺の中の龍に封印ふういんされたはず・・・なのに!」

龍が俺の中に入ったから、封印が解けてしまったんだろう、とゴードは続けた。

パチェ「そんな・・・。」

レミィ「っ!スピア・ザ・グングニル!」ビュンッ

レミリアが龍に向けてスピア・ザ・グングニルを放った。



グローグ「・・・。」キンッ

当たったものの、ダメージはなかった。

レミィ「そんな・・・!?私のグングニルが・・・!」

ゴード「っ・・・!!」バッ

フラン「・・・!?お兄ちゃん!?」

霊夢「え!?」

まさか・・・と一同が龍の方を見ると・・・。

ゴード「く・・・そ・・・がっ!」ギリギリ

グローグ「・・・。」グググ

ゴードとグローグが対峙たいじしていた。

ゴードの死まで、のこり679回。



「東方龍人譚 ~龍神を統べる少年~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く