話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

東方龍人譚 ~龍神を統べる少年~

ko-suke

25話 彼女ノ決断トハ




ゴード「・・・と、こんな感じかな。」

ゴードはふぅ、と一息いた。

レミリアは、ただただ呆然ぼうぜんとしていた。

話からさっするに、その少年がゴードなのはわかった。

が、分かりたくはなかった。その少年の過去かこは、とても笑って語れるものではなかった。

紫「レミリア、わかった?」

紫が問う。

レミィ「なに、がよ。」

紫「言ったでしょう?最初で最後のわがままの意味よ。」

レミィ「・・・今まで、わがままを言える相手も、境遇きょうぐうでも、なかったから・・・。」

ゴード「大正解。」

ゴードは真顔で告げる。

ゴード「・・・頼む、お前だけが頼りなんだ。」

レミィ「っ・・・。」

レミリアはなやんだ。

レミィ(彼の望み。もちろん聞いてあげたい。)

レミィ(でも、せっかく出会えたのに・・・。そんなのって・・・。)

ゴード「・・・やっぱりいや、か。」

レミィ「・・・。」コクッ

ゴード「・・・なら、ごめんだけど少しきつく言うぞ。」

ゴードは少し怖い顔になった。

ゴード「・・・俺は、生きることを望まれてない人間だって言っただろ?」

レミィ「・・・うん。」

ゴード「実は、な・・・と、これは聞いてみた方がいいな。・・・なぁレミィ、俺が誰から見放されたか、分かるか?」

レミィ「え・・・?」

レミィは少し考える。が、答えは決まっていた。

レミィ「何言ってるの!私たちが!この世界が、あなたを見放すわけ・・・!!」

ゴード「それがあるんだよな・・・。」

レミィ「・・・誰に、見放されたって言うのよ。」

ゴード「さっきお前の口から出てたぞ?」

レミィ「・・・まさ、か。」

ゴード「そう、そのまさかだ。」

ゴードはいつになく真剣な顔にで言った。









ゴード「俺は、この幻想郷せかいに望まれていない。」






レミィ「な、何言ってるのよ。幻想郷はすべてを受け入れるのよ?」

ゴード「そう、そのはずだった。まぁ、簡単に言えば“キャパオーバー”だよ。」

レミィ「キャパ、オーバー・・・?」

ゴード「この世界をいとも簡単かんたんこわしかねない俺を、みすみす逃して受け入れる分けないだろう?」

レミィ「で、でも・・・。」

ゴード「でしたよね?紫さん。」

紫「・・・えぇ、残念ざんねんだけど。」

レミィ「っ・・・!」

ゴード「・・・わかって、くれるか?俺はもう・・・ここにいるべきじゃないんだ。」

レミィ「・・・・・・。」











レミィ「わか、ったわ・・・。」

ゴード「ぉ?」

レミィ「してあげる・・・。そういう“運命”に。」

ゴード「おぉ!ありがとう!!本当にありがとう!!絶対に、頑張るから!!」

ゴードはレミリアの頭をでる。

レミィ「ひゃぅっ!?/////」

レミリアは、可愛かわいく飛びねた。
























してあげる、なんて笑顔で言ったレミリアだが、心の中は

レミィ(嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ)

とても、こんらんしていた。




少し変えました。

gdgdですみませんm(_ _)m


「東方龍人譚 ~龍神を統べる少年~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く