話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

東方龍人譚 ~龍神を統べる少年~

ko-suke

17話 龍ナキ者ト剣




ゴード「う・・・うぅ・・・ん」

ゴードは目を覚ました。

霊夢「ゴード!気がついたのね!?」

ゴード「れ、霊夢さん?・・・あれ、なんで俺、博麗神社に・・・。」

霊夢「文が、血だらけで気絶きぜつしているあんたを見つけたのよ。・・・なにがあったか、説明してもらえる?」

ゴード「・・・はい。」

ゴードは全てを霊夢に話した。









霊夢「そう・・・そんなことが・・・。」

霊夢はすべてを聞き、うつむいた。

ゴード「すみません・・・能力まで封印されるなんて思わなくて・・・。」

霊夢「そうなると・・・どうしましょう。やっぱ、そいつ、ええと、なんて言ったっけ?」

ゴード「グローグです。」

霊夢「そのグローグってやつたおさないうちは終わりそうにないわね・・・。」

ゴード「・・・ですね。」

すると、

魔理沙「ゴード!大丈夫か!?」

魔理沙が入ってきた。

ゴード「えぇ。すみません、あらぬ心配をおけして・・・。」

魔理沙「何言ってんだ?人間、助け合うもんだぜ。しっかし、そいつは一体、何者なんだせ?」

ゴード「分かりません・・・ですが、人間であることは間違まちがいないようです。」

紫「そうね。」

霊夢「・・・紫?」

突然、紫がスキマから出てきた。

紫「結界けっかいあなが開けられた形跡けいせきがあったわ。あれは、妖怪とかじゃ無理な穴よ。外の人間の仕業しわざね。」

魔理沙「なるほどな・・・。全く、とんでもないことをしでかしてくれたんだぜ・・・。」

霊夢「ほんとね。とりあえず、そいつを見つけないと・・・。」

紫「無駄よ、霊夢。」

紫はそう言い放った。

紫「アレの力を忘れたの?あれに迂闊うかつにあったら、スペル封印されるわよ?」

霊夢「だ、だけど・・・」

紫「私が調べるから、あなた達は待機たいきしていて。」

霊夢「でも・・・」

魔理沙「霊夢。ここは紫に任せようぜ。」

霊夢「魔理沙・・・。」

ゴード「霊夢さん。すみませんが、ここは紫さんの指示に従った方が・・・。」

霊夢「・・・はぁ、分かったわよ。紫、頼んだわ。」

紫「えぇ。」

紫はスキマに消えた。







次の日。

ゴード「・・・あの、魔理沙さん。」

魔理沙「ん?ゴード、どうしたんだぜ?」

ゴード「俺を、白玉楼はくぎょくろうに連れてってくれませんか?」

魔理沙「え?ま、まぁいいけど・・・どうしてなんだぜ?」

ゴード「妖夢さんに剣を習うためです。」

魔理沙「そんな約束をしてたのか?」

ゴード「えぇ、昨日に。」

魔理沙「そうか・・・わかったんだぜ。」

ゴード「ありがとうございます!能力が封印されているせいで飛べなくて・・・。助かります。」

魔理沙「おう。ほら、私の後ろに乗るんだぜ。」

ゴード「あ、はい。」

ゴードがほうきに乗ると、ふわっと浮いた。

ゴード「箒に乗るってこんな感じなんですね・・・なんか新鮮しんせんです。」

魔理沙「それじゃ、飛ばすぜ!しっかりつかまってろ!」

ゴード「え?ちょ、まっーーーー」





















魔理沙「・・・すまん。」

ゴード「きゅ~~・・・」

能力がなければただの人間。ゴードは、超スピードで飛ばされ、気を失っていた。









ゴード「すみません、気絶しちゃって・・・」

魔理沙「いや、人間であることを忘れていた私が悪いんだぜ・・・。」

ゴード「・・・俺はバケモノだと思われてたんですか・・・。」

魔理沙「いや、ほんとすまん。」

ゴード「い、いえ、いいですよ。それより、ありがとうございます。」

魔理沙「お安い御用ごようだぜ。」

ゴード「俺は妖夢さんのところに行きますが、魔理沙さんはどうしますか?」

魔理沙「幽々子と話でもしてるんだぜ。」

ゴード「分かりました。」

ゴードと魔理沙は、長い階段を歩いた。









ゴード「妖夢さ~ん!いませんか~?」トントン

妖夢「なんでs・・・あぁ、ゴードですか。」

ゴード「どうも。」

魔理沙「よっ、妖夢。」

妖夢「魔理沙もいたんですね。それで、何の用ですか?」

ゴード「俺は妖夢さんに剣を教えてもらうために。」

魔理沙「私は幽々子とだべりに。」

妖夢「なるほど。・・・ちなみに、今起きている異変については・・・」

ゴード「いえ、まだなにも・・・。能力は封印されてしまいましたし・・・。」

魔理沙「妖夢もスペルカードが使えないんだよな?」

妖夢「はい、そうです。・・・いや、ちょっと待ってください。ゴード、あなた今、能力が封印されたっていった・・・?」

ゴード「・・・はい。」

ゴードは妖夢に説明した。

妖夢「そんなことが・・・。」

ゴード「はい。だから、少しでもみんなの力になればいいなと思って・・・なので、剣を教えてください。お願いします。」

妖夢「もちろんよ。魔理沙、幽々子様は中にいるから。」

魔理沙「わかったんだぜ。」

妖夢「さて、それじゃ教えるわね。」

ゴード「はい!」















ゴードは物覚ものおぼえがよく、すぐに剣の扱いが上手くなった。

妖夢「上手くなったね。」

ゴード「ありがとうございます!」

妖夢「最後に、私と1戦交えません?」

ゴード「はい!ぜひ!」

ゴードと妖夢は刀を構えた。


「東方龍人譚 ~龍神を統べる少年~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く