話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

東方龍人譚 ~龍神を統べる少年~

ko-suke

16話 龍人ハ人ニナルカ




ゴード「俺はこっちを探すので、文さんはそっちを!」

文「分かりました!それじゃ!」

文は、ちょうスピードで飛んでいった。

ゴード「よし!俺も!」

ゴードも、文に負けない速度で飛んでいった。













ゴード「・・・あれか?」

ゴードは黒っぽいものを見つけた。空からじゃ、あんまりよく見えない。

ゴード「・・・近づくしかないか。・・・雷神!」

ゴードは雷の龍の力を表し、それに近づいた。






ゴード「おい、ちょっと待て。」

ゴードは黒い人の前に降りた。

??「なんでしょう?」

ゴード「間違まちがっていたら悪いが、お前がスペルカードを封印ふういんしてる者か?」

??「そうですよ?」

ゴード「やけに素直すなおだな。ぶっ飛ばされる準備は出来てるか?」

??「ぶっ飛ばされる?・・・くくくっ」

ゴード「・・・何がおかしい?」

??「できないことは分かっているのでしょうに・・・」

ゴード「・・・まさか、俺のスペルカードも封印したのか?」

??「えぇ、今さっき。」

ゴード「・・・ちっ、烈火。」

ゴードは炎の龍の力を表した。

ゴード「スペルカード発動。奏炎符そうえんふ  『炎の雄叫び』」

ゴードは、スペルカードを使った。



ゴード「・・・4つの龍のスペルカードを封印したのか・・・!?」

??「えぇ。」

何かが起こることは無かった。

ゴード「・・・クソがッ!!!」

ゴードは殴りかかった。

??「ぐっ!」

ローブ男がなんとか受け止める。

ゴード「スペルカードを使わなくても、変身能力で十分かもな」ニヤッ

??「調子に乗りやがって・・・フフ、でもその強がりもこれまでですがね。」

ゴード「は?」

??「スペルカード発動!禁則術きんそくじゅつ 『能力死亡のうりょくしぼう』」

ローブ男がそうさけぶと、紫色のきりが出てきて、ゴードを飲み込んだ。

ゴード「!?!?な、なん・・・ちか、ら、が・・・抜け・・・て・・・」  

ゴードは変身がけてしまった。

??「フハハハッ!!ざまぁないな!」

ゴード「なに、を、した・・・!!!」

??「なぁに、簡単なことです。」

その男は不気味ぶきみに笑ってこういった。














??「お前の4ひきの龍を封印したんだよ、まぬけ。」










ゴード「なっ・・・!!!」

??「お前の力は厄介やっかいなんでな。1年に1回しか使えない技を使わせてもらったよ。」

ゴード「く・・・そ・・・!!」

??「はっ」  

ローブ男がゴードを思いっきりけった。

ゴード「ぐわぁぁぁぁっ!」

ゴードはっ飛び、岩にたたきつけられる。

ゴード「ぐっ・・・」

??「弱い、弱すぎるぞ?龍がいないと何もできないんだな。この『雑魚ざこ』め。」

ゴード「・・・っ。」

??「お前はそこで寝ておけ。俺がこの世界を支配しはいする。」

ゴード「ま、て・・・お前は一体・・・!」

ローブ男は振り向き、こういった。













グローグ「俺の名はグローグ。覚えておけ。じゃあな、『雑魚ざこ』」

グローグと名乗った男は、空にい上がった。

ゴード「グローグ・・・か。・・・くそ、意識が・・・みん、な、ご、めん・・・な。」

ゴードは気を失った。


「東方龍人譚 ~龍神を統べる少年~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く